新型コロナウイルスの本当の怖さは“3つの顔”にある 日本赤十字社が「“負のスパイラル”を断ち切ろう」と漫画を公開

「病気そのもの」以外の怖さと解決のためのアドバイスを公開。

» 2020年03月30日 18時30分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 日本赤十字社が、Covid-19(新型コロナウイルスによる感染症)は「“3つの顔”を持っており、これらが“負のスパイラル”としてつながることで、更なる感染の拡大につながっている」と漫画で指摘しています。感染拡大を防ぐために知っておきたい“3つの顔”とは――。


赤十字 コロナ

新型コロナウイルスがもつ3つの“感染症”とは

 新型コロナウイルスが怖いのは「3つの“感染症”」という顔を持っているという点だと日本赤十字社。


赤十字 コロナ

 第1の“感染症”は「病気そのもの」。感染者との接触でうつることが分かっているこのウイルスに感染すると、風邪症状や重症化して肺炎を引き起こすことがあるとされています。


赤十字 コロナ

 第2の“感染症”は「不安と恐れ」。ウイルス自体が目に見えず、ワクチンや薬もまだ開発されていないことに加え、分からないことが多いことから、「私たちは強い不安や恐れを感じ、ふりまわされてしまうことがある」とのこと。それらは私たちの心の中で膨らみ、“気付く力”、“聴く力”、“自分を支える力”を弱め、またたく間に人から人へ伝染していきます。


赤十字 コロナ

 第3の“感染症”は「嫌悪・偏見・差別」です。不安や恐れは人間の“生き延びようとする本能”を刺激すると日本赤十字社。ウイルス感染にかかわる人や対象を日常生活から遠ざけたり、差別するなど、人と人との信頼関係や社会のつながりが壊されてしまうとしています。


赤十字 コロナ

 ではなぜ“嫌悪・偏見・差別”が生まれるのかというと、見えない敵(ウイルス)への不安から、“特定の対象”を見える敵と見なして“嫌悪”の対象とし、嫌悪の対象を“偏見・差別”して遠ざけることでつかの間の安心感が得られるからなのだそうです。


赤十字 コロナ

 こうしたことから「〇〇地区は危ない」「咳をしているあの人もコロナかも」「××人だ、危ない」といった発言が出てくるのですが、本来の敵はウイルスなのに、敵をすり替えてしまい、最終的には本当の敵を見なくなってしまうようです。


赤十字 コロナ

 こうした状況について日本赤十字社は「特定の人・地域・職業に対して『危険』『ばい菌』といったレッテルを貼る心理によって差別や偏見はおこります」と注意喚起。3つの“感染症”については、「未知なウイルスで分からないことが多いため不安が生まれる」→「人間の生き延びようとする本能によりウイルス感染にかかわる人を遠ざける」→「差別を受けるのが怖くて熱や咳があっても受診をためらい、結果として病気の拡散を招く」という3つのスパイラルを生み出してしまっていると指摘しています。 


赤十字 コロナ

負のスパイラルを防ぐためには?

 では負のスパイラルを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

 まず、第1の“感染症”を防ぐためには、1人1人の衛生行動の徹底が不可欠です。手洗い、咳エチケット、人混みを避けるといった行動を心掛けるとよいでしょう。

 第2の“感染症”にふりまわされないためには、気付く力・聴く力・自分を支える力を高めることが重要です。立ち止まって一息入れることや、なにかと感染症に結び付けて考えないようにする、安心できる相手とつながるなど、ちょっとした心掛けが大切です。

 第3の“感染症”を防ぐためには、「確かな情報」と差別的な言動に同調しないこと、感染を拡大させないように対応している全ての人に“ねぎらい”と“敬意”をはらうことが重要です。それぞれの立場でできることを行いながら、一つになって負のスパイラルを断ち切ろうと日本赤十字社は呼びかけています。


赤十字 コロナ

画像:日本赤十字社より

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」