ニュース
» 2020年03月31日 12時03分 公開

「ある意味伝説」 こぶしファクトリー、無観客ライブで解散 約5年のアイドル活動終え“こぶし組”に感謝 (1/2)

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け無観客で解散ライブが行われました。

[のとほのか,ねとらぼ]

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「こぶしファクトリー」が3月30日、東京ドームシティホールで開催されたライブ「こぶしファクトリーライブ2020 〜The Final Ring!〜」をもって解散。ライブ終了後のブログやInstagramでは、メンバーがグループで活動した約5年を振り返り、コメントを寄せています。



 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、無観客で行われた同公演。その様子は、CSテレ朝チャンネル1で生中継された他、ライブビューイングも行われ、こぶし組(ファンの総称)とともに5年以上に及ぶグループ活動に幕を閉じました。

 ライブ終了後に更新されたブログで、メンバーの浜浦彩乃さんは「5年間、本当にありがとうございました!!」とコメント。2017年7月に藤井梨央さんが契約解除、9月に小川麗奈さんが卒業、12月に田口夏実さんが契約解除となり、5人での活動となっていたこれまでを振り返り、「5人になった時、周りからいろんな事を言われたり、いろんな視線を浴びました」とさまざまな葛藤があったことを明かしつつ、「それでも、私たちを全力で応援してくださる皆さんがいたから、周りなんか気にしなくていいって思えました」とこぶし組への思いをつづっています。

 無観客での解散ライブについては、「残念ながら無観客での開催になってしまいましたが、ある意味伝説になったと思います!」とポジティブなコメントも。グループ解散後は、個人で芸能活動を続けるとのことで、最後には、「本当に今までありがとうございました!! そしてこれからも応援よろしくお願いします! また、立派になった姿で会いましょう!」とファンに呼びかけています。


 一方で、グループ解散後は芸能活動を引退する和田桜子さん。ブログでは、決して楽しいことばかりではなかったという5年間を振り返りつつも「幸せだった! 楽しかった! 幸せだった!」と思い出を語っており、今後については、一抹の不安をのぞかせましたが、「未来にわくわくするなぁ」と期待するコメントも寄せていました。

こぶしファクトリー ハロー!プロジェクト 解散 無観客 芸能界を引退する和田さん(画像はこぶしファクトリーオフィシャルブログから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.