ニュース
» 2020年04月03日 08時30分 公開

「紙の上にイカ置きました?」「もう写真やん」 手描きのイカの絵がリアル過ぎて今にも動きだしそう

ヌメッとした感じも伝わってくる。

[k村,ねとらぼ]

 イラストレーターの徳田有希(@yuukitokuda)さんが描いたイカの絵をTwitterに投稿しました。「イカが紙の上に置かれているのでは……?」と何度も確認してしまう人が続出しています。




ALT 注意:絵です

 徳田有希(@yuukitokuda)さんはオフィシャルブログでイカの絵の制作過程を公開しています。まずは、下描きから。エアブラシでイカの影を着色していきます。


ALT この時点ではまだ平面

 下描きができたら、下地をコピック(カラーマーカー)で着色。その後、色鉛筆で輪郭や目、足、細かい模様など全体像を描きこんでいきます。足の部分の影はエアブラシではなく、この時に色鉛筆で描きこんだもの。目が描かれると、一気にイカに命が吹き込まれていく……! 


ALT コピックで着色


ALT 色鉛筆で細かい模様を描きこんでいきます


ALT 目に命が宿りました


ALT 足の影も色鉛筆で。細かい作業です

 色鉛筆での描きこみが終わったら、絵の具で着色し仕上げに入ります。ぷりっとした立体感あふれるイカに、ツヤを描きこむことでぬめりを表現。イカ特有のぬるぬるとした感触がこちらまで伝わってくるようです。


ALT こちらを見つめるイカ


ALT 足のうねうね、ヌメヌメ感もすごい!


ALT 完成です!

 完成したイカは、今にもうねうねと動き、飛び出してきそう! 投稿には「もう写真やん」「イカ置きました?」など、絵のあまりのリアルさに驚きと称賛の声が寄せられています。

 徳田有希さんは、2年前に描いたイカが写実画を始めるきっかけになったとのこと。これまでにもウツボ枝豆の写実画が話題になりました。徳田有希さんのTwitterブログには2年前に描いたイカの絵と今回の絵を並べた写真も投稿されています。



画像提供:徳田有希(@yuukitokuda)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.