ニュース
» 2020年04月08日 13時14分 公開

「出来ることは全て在宅でやりたいと思います」 GLAY・TERU、新型コロナ対策で“GLAY化”したリモートワーク環境を公開

ファンの部屋みたいだ。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 ロックバンド「GLAY」のTERUさんが4月7日にInstagramを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、積極的にリモートワークに切り替えているようで、環境を整えたことを報告しています。

GLAY TERU 新型コロナ リモートワーク 在宅ワーク おしゃれな“GLAY部屋”化も(画像はTERU Instagramから)

 TERUさんは「考え方をコロナ対策中心に切り替えて出来ることは全て在宅でやりたいと思います」と考えを説明。ラジオ収録、映像コメント収録、ネットミーティングなどを在宅のままできる環境を整えたそうで、部屋にGLAY25周年記念ベストアルバム「REVIEW II 〜BEST OF GLAY〜」やグッズを飾り付け、“GLAY部屋”にしたことも報告しています。

GLAY TERU 新型コロナ ホームシアター タブレットをホームシアターにするダンボール工作を提案したことも(画像はTERU Instagramから)

 遊び心を忘れず前向きな気持ちで新型コロナ対策にのぞむTERUさんは3月11日にも、学校が休校になった子どもたちのために、タブレットをホームシアターにするダンボール工作を提案。「気軽に映画館のような環境でのんびり映像が観れないかな? と思いこんなもの作ってみました」と前向きな思いをつづっていました(関連記事)。リモートワーク環境を整えたアーティストとしては最近、録音スタジオ並みの設備を整えた声優の小岩井ことりさんも話題になったこともありました。


 TERUさんのリモートワーク環境についてファンは、「ステキなスタジオになりましたね」「在宅ワーク楽しみにしてます」「きっと在宅ワークがはかどるんじゃないかしら」「このお部屋から色々なアイデアや配信があると思うとワクワクして来ますね」と好評。また、“GLAY部屋”については、「ファンの方のお部屋かと思いました!」「このままGLAYミュージアムにできそうなステキ空間!」とこれも好評です。こうしたTERUさんの前向きな姿勢から「発想をシフト出来る行動力が大好きです」「どんな時も前向きな姿勢に刺激受けます」と励まされる人も多く見られました。


五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン