ニュース
» 2020年04月12日 15時37分 公開

林家たい平、部屋を“マスク工場”に模様替え 「子供達のためなんとかしたい」と小さな“手ぬぐいマスク”も製作開始

ヒーローは「笑点」にも。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 落語家の林家たい平さんが4月11日、子ども用の“手ぬぐいマスク”を作り始めたとブログで報告。外を散歩する親子を見掛け、「お母さんはマスクしてるのに子供達がしていない」「していないのではなくて無いから出来ないんだ!」と気付き、製作を思い立ったようです。

林家たい平 マスク 子ども用 新型コロナ 手作り たい平さんの“マスク製作工場”と化した部屋(画像は林家たい平オフィシャルブログから)

 8日に、およそ100枚の手ぬぐいマスクを作ったことを報告していたたい平さん。テーラーだった両親ゆずりの器用さを発揮し、ミシンを巧みに操り製作したことを明かしていました(関連記事)。

林家たい平 マスク 子ども用 新型コロナ 手作り 製作した手ぬぐいマスクをつけたたい平さん(画像は林家たい平オフィシャルブログから)

 11日には「子供達のためなんとかしたい」という思いから、子ども用マスクの製作にも着手。仕事の作業部屋を模様替えして“マスク工場”にし、自身もマスクをつけ、手を消毒して作っていったそうです。

林家たい平 マスク 子ども用 新型コロナ 手作り 完成間近の子ども用マスク(左)と大人用マスク(右)(画像は林家たい平オフィシャルブログから)

 「まずは46枚!」と、ゴムひもを通す前まででき上がった色とりどりの手ぬぐいマスクを公開したたい平さん。大人用のマスクは欲しいという友人に送っていましたが、子ども用マスクについては譲渡先を決めておらず「(子どもたちに)どうやって渡そう?」と思いを巡らせているもよう。最後は「僕は大掛かりな事は出来ない だけど自分で出来ることを見つけて憎きコロナと闘います!」と力強いメッセージで締めていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」