ニュース
» 2020年04月16日 13時00分 公開

新型コロナにより崩壊したグローバルサプライチェーン〜産業構造が変換せざるを得ない状況に

グローバルサプライチェーンをどうやって維持するのか。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月15日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。新型コロナの対応を協議するため、日中韓の首脳とASEANの首脳がテレビ会議を開催したニュースについて解説した。

フォト 【新型コロナウイルス】新型コロナ「緊急事態宣言」発令 JR大阪駅前をマスク姿で行きかう人々=2020年4月13日午前8時37分、大阪市北区 写真提供:産経新聞社

日中韓の首脳とASEANがテレビ会議、新型コロナ対策で連携

安倍総理)ASEAN感染症対策センターの設立など強固な連携の上に、国境を越えて感染が拡大して行くウイルスと対峙すべきだと申し上げ、各国の賛同を得ました。


日本、中国、韓国3ヵ国の首脳と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳は14日にテレビ会議を開催し、新型コロナウイルスへの対応を協議した。各国の首脳は事態の収束に向け、緊密に連携して行くことを確認。治療薬の早期開発を目指す方針で一致した。

飯田)昨日(14日)の夕方4時ごろから、およそ2時間半にわたって開催されたテレビ会議。終わった後の記者へのコメントをお聞きいただきました。アジア各国をどう抑え込んで行くか。ヨーロッパに比べると、うまくやっているようにも見えますけれど。

佐々木)そうですね。なぜか東アジアは、人口当たりの死者率や重症化率は極めて低いです。これはまだ解明されていません。BCGワクチンを打っているからだという説や、日ごろの生活習慣がヨーロッパと違うからだなどと言われますが、まだよくわかりません。アジアで感染症対策をどう共有できるかは重要なポイントです。

フォト 【新型コロナ「緊急事態宣言」】臨時休業している東京・銀座の百貨店。ガラスには銀座和光が映った=2020年4月11日午前、東京都中央区 写真提供:産経新聞社

崩壊したグローバルサプライチェーン、食料を含めたチェーンをどうやって維持するのか

佐々木)もう1つ言えるのは、今回のことでグローバルサプライチェーンが完全に破壊されています。例えばiPhoneが典型で、製造ができなくなっている。中国の深圳市で組み立てていますが、その部品を世界各国200以上の国から調達して、それを1ヵ所に集めて消費地に流すというやり方をするのだけれど、輸出入が滞っていて部品が集まりません。さらに深刻なのは食料で、それぞれ国内で自給しなければいけない状況です。日本はどうやって中間財を調達するか、あるいは日本から中間財を各国に輸出するのか。また食料自給率が日本は低いので、食料をどう調達するのかは重要な問題です。おそらく感染症対策と同じくらいグローバルサプライチェーン、食料を含めたチェーンをどうやって維持するのかが重要な課題になって来ます。ここでASEANと連携して、食料の供給が滞らないような対策をとることが、日本としても重要です。

飯田)部品もそうだし、1国に過剰に頼り過ぎることがリスクになるのだと見せつけられた感じがします。

フォト 緊急事態宣言発令後の東京駅の出勤の様子=2020年4月8日午前、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

ドメスティックな経済回帰が起きる可能性〜産業の構造が変換せざるを得ない状況に

佐々木)そうです。それこそアメリカのトランプ大統領が、数年前に「アメリカは国内に生産を回帰する」と言って、「グローバリゼーションの時代に何を言っているんだ」と笑い者になっていたのですが、まさに、その主張がコロナによって現実的になっています。実際に日本でも、政府が国内生産を回帰させると方針を明らかにしています。

飯田)かなり大規模に補助金を出すという話があります。

佐々木)今後のある一定の時期まで、グローバリゼーションから逆回転して、ドメスティックな経済に回帰するという現象が起きるのではないでしょうか。

飯田)経済の体制そのものも、コロナ前後で変わって来るということですよね。

佐々木)そうです。例えば飲食、エンターテインメント…映画や演劇、音楽などがどうなるのかということも含めて、産業の構造がアフターコロナ、ウィズコロナと言われている時代に一定程度、構造変換せざるを得ない状況に来ている感じがします。

飯田)特に、人の集まる文化をどうするのか。

佐々木)ソーシャルディスタンスという言葉があって、人と人との間を2メートルあけると言っていますが、今後「ソーシャルディスタンスビジネス」などが台頭して来ることもあり得ます。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」