ニュース
» 2020年04月18日 19時00分 公開

【無料配信記念】コナンファンが劇場版名探偵コナン「時計じかけの摩天楼」の魅力を語る

2020年4月17日〜18日に無料配信。

[赤いシャムネコ,ねとらぼ]

 4月17日から順次、「名探偵コナン」劇場版第1作〜第10作がさまざまなプラットフォームで無料配信されています。2日間ずつ交代での無料配信で、17日〜18日に配信されているのは第1作「時計じかけの摩天楼」(1997年公開)です。

 コナンファンの赤いシャムネコさんに、同作のオススメポイントを極力ネタバレなしで聞きました。

コナン 「時計じかけの摩天楼」の魅力をファンが語ります
コナン 無料公開のスケジュール

シリーズの全てが詰まった第1作

 「あらゆるシリーズの第1作にはそのシリーズの全てが詰まっている」――そうよく言われますが、本作「時計じかけの摩天楼」もまさにそういう一本です。ここから始まって20年以上にわたって続くことになる“コナンの映画”のエッセンスがぎゅっと濃縮されています。

 コナン映画の特徴は3つ。1に「ミステリ」、2に「ラブコメ」、そして3に「爆発」です。本作は、この3つの要素が完璧なプロットの上で一点に融合していくのが非常に美しい。

 本作は連続爆破事件。なぜ劇場版1作目で爆発に青山剛昌先生とアニメ制作チームが目を付けたのか……コナンの原作では、たまに爆発は出てくるけれど(「新幹線大爆破事件」など)、しょっちゅうあるわけではありません。だからこそ映画では“爆発=派手でよい!”という判断だったのかもしれません。のちに「コナン映画=爆発」というイメージとなる、基本がここにあります。

 爆破の多さは最初から飛ばしていて、ぜいたくに爆薬を使っていますが、事件自体の構造はシンプル。このころ原作では平次は登場しているけどキッドや灰原は登場していない時期なので、登場人物も、コナン、蘭、小五郎、少年探偵団というオーソドックスなメンバーです。

 容疑者候補は出てきますが、犯人の名前からしてあの有名な犯人(※ややネタバレのため、記事末尾に注をつけます)のもじりになっているため、出てきた瞬間に察することができます。また、容疑者候補として登場する白鳥刑事(本作が初登場)が今となってはレギュラーキャラになっているため、フーダニット(犯人当て)としては物足りなく思う人が多いかも。ですが、本作のミステリ的なポイントはホワイダニット(動機)です。

美学系犯人

 劇場版コナンでは美学や美意識に従って犯罪を起こす人が何人か出てきますが、1作目にしてそのフォーマットが完成しています。「普通それで人は殺さんやろ」というツッコミが出てきそうなところを、圧倒的なこだわりを持った犯人を描ききることでツッコませないようにしているのがすごい。アニメならではの、絵を用いた手掛かりも見事です。この一度聞いたら忘れられない動機によって、コナンの歴代犯人の中でも、特に印象に残っている人が多いのではないでしょうか。

 しかしこの犯人、見れば見るほどチャーミング。爆弾を仕込む場所のセンスが、初手ラジコン、次にネコとセンスがかわいらしい(無関係なネコがかわいそうでは!? と思いますが)。しかも新一&コナンにヒントを出し続ける。「木の下だ!」「××の×だ!」というダジャレやリアル脱出ゲームの小謎的なテンションでヒントを出していくのが面白いですし、自分が捕まったあとの新一の行動を予測してさまざまな仕掛けをしています。

 だんだん主従が逆転していくというか、爆破が一番の目的だったはずなのに、新一を意識しすぎているきらいのある犯人。もちろん、新一を陥れる理由は作中で描かれているので、必然性はあります。そちらの「動機」に関しても、さりげなくミスリードとして描かれた別な事件のエピソードが手掛かりになってくるのが、ミステリとしてはうまいポイントですね。ただ、「新一が解決した有名な事件」であの事件が出てくるのはちょっと地味というか、我々がコナンの派手な事件に慣れすぎているのかもしれません。

たった一言に集約していく

 この作品の最大の見どころはラブコメ。始まった瞬間から、何度も繰り返される「赤」のワード。その積み重ねが、ラストシーンのたった一言のセリフに集約していくのがとにかく美しいです。ラストシーンから逆算で作っており、「ああ、この一言のために全てがあったんだ……」と思わさせる布石の嵐です。シンプルゆえに、劇場版屈指の鮮やかさな幕切れでしょう。

 ちなみに、「赤と青」のラストの展開に関するアイデアは、青山先生の発案。青山先生のラブコメを描く天才っぷりが遺憾なく発揮された、すごくいいアイデアです。それを生かすための映像演出もパーフェクトでした。

 さらにその最高のセリフを踏まえたうえで流れてくるのがエンディングテーマの「Happy Birthday」。完璧なエンディングを余韻をもって見終わることができます(地上波だとエンディングはカットされがちなので、配信ならではですね)。

「時計じかけの摩天楼」が面白かったら、この作品がおすすめ

  • 天国へのカウントダウン……「時計じかけ」の不満点である「高度感のある爆破が欲しい」という気持ちを回収してくれる
  • 迷宮の十字路……新一と蘭のラブコメ成分を思う存分堪能できる
  • 11人目のストライカー……劇場版でも意外と少ない連続爆破もの

※有名な犯人……モリアーティ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声