ニュース
» 2020年04月25日 08時30分 公開

【6年前の今頃は?】空前の「ダイオウグソクムシ」ブーム あの盛り上がりは一体なんだったの?【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 6年前の2014年4月25日、ダイオウグソクムシ2匹とオオグソクムシ100匹が、「ニコニコ超会議3」出演のために新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)から会場の幕張メッセ(千葉県千葉市)まで輸送されました(関連記事)。

 また「ねとらぼ」では「きょうのグソク」として、鳥羽水族館のダイオウグソクムシの写真を毎日更新するページを開設。あの盛り上がりは一体なんだったんだ……。




 節足動物門甲殻亜門軟甲綱等脚目(ダンゴムシやフナムシの仲間)に属する深海生物・ダイオウグソクムシ。2013年ごろから、メカメカしい装甲と愛らしいご尊顔に魅了される人がニコニコ動画を中心に続出し、「グソクたん」の愛称で親しまれるようになりました。

 特に鳥羽水族館のダイオウグソクムシは、その様子がニコ生で中継されるなど何かと話題に。5年間の絶食の末、14年2月に死んでしまった「No.1」の追悼番組が放送された際は、小林幸子さんが「共演したいと思っていた矢先のことで悔しい気持ちで一杯」と弔辞をささげています(関連記事)。

 ブームは過ぎ去ったものの、深海生物の中でも1、2を争う知名度を獲得したダイオウグソクムシ。今でも水族館で見かけると思わずうれしくなってしまいます。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む