ニュース
» 2014年04月25日 17時40分 公開

「時間との勝負です」――ダイオウグソクムシ、ニコニコ超会議へ お引っ越し大作戦に密着 カギは水温

ダイオウグソクムシの引っ越しは時間との勝負。新江ノ島水族館から幕張メッセへ移動する裏側に密着。

[宮本真希,ねとらぼ]

 「ニコニコ超会議3」(4月26日、27日)で展示されるダイオウグソクムシ2匹とオオグソクムシ100匹が25日、新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)から会場の幕張メッセ(千葉県千葉市)に到着しました。もともと深海に住むこれらの生き物をどうやって運ぶのか――お引っ越し大作戦に密着しました。

画像 ダイオウグソクムシさん

 朝8時、やべえ……海岸にダイオウグソクムシが脱走してる!!! と思ったら、ダイオウグソクムシ好きのグラビアアイドル原田真緒さんでした。ニコニコ生放送でも今回の引っ越しを実況しており、原田さんはそのリポーターです。もこもこのダイオウグソクムシの着ぐるみがかわいい。足の数も左右に7本ずつで本物に忠実に作られています。

画像 ん?
画像 じゃじゃーん
画像 海をバックにリポート
画像 新江ノ島水族館きたよー
画像 ニコニコ超会議で発売するダイオウグソクムシのiPhoneケースを飼育員さんに自慢

 ダイオウグソクムシを水槽から運び出す作業は飼育員さんが担当します。同館にいる数匹の中から選ばれたのは、最近エサを食べたばかりという個体「D7」と、まだ名前が付いていない新入りの個体。網でひょいっとすくい上げられていく姿がなんともシュールです。新入りさんは入館してから初めての外出となりました。ちなみに新入りだけどD7よりもデカいです。

画像 水族館の裏側から浸入。ダイオウグソクムシの水槽はこの先に
画像 ダイオウグソクムシさんたちとご対面
画像 同館では標本を触ることもできます

 生態が謎に包まれているダイオウグソクムシを水族館の外へ連れ出すのはまれなこと。同館では過去には海洋研究開発機構(JAMSTEC)のイベントに2度ほど出張したことがあるだけだそうです。ましてやゴールデンウィークで水族館に多くの人出が予想されるなか、水族館の顔とも言うべきグソクたんを超会議に提供するとは――新江ノ島水族館さん太っ腹ですね。

画像 こちらはオオグソクムシ

 水槽から出したダイオウグソクムシは1匹ずつ海水とともにビニール袋に入れ、ダンボール箱の中へ。深海で暮らすダイオウグソクムシが快適に過ごせるよう水温は7度に保つ必要があるため、飼育員さんは保冷剤をたくさん詰めていました。オオグソクムシの方はまとめて2つの大きなポリバケツの中へ。水が汚れないようエサなどは入れません。

画像 ダイオウグソクムシ、ダンボール箱の中へ
画像 オオグソクムシさんも引っ越し開始
画像 うじゃうじゃ
画像 トラックに詰め込むお手伝い
画像 オオグソクムシも水温管理、大事。ペットボトルには氷が

 午前9時30分ごろ、ダイオウグソクムシとオオグソクムシを乗せたトラックが同館を出発しました。今日の最高気温は24度の予想。先ほど述べたように水温管理がとにかく重要なのでここからは時間との勝負です。高速道路を走り、2時間かけて一路幕張メッセへ。3人の飼育員さんが同行し、会場で水槽を組み立てます。水質を早く安定させるため、ろ過装置に使う砂も新品ではなく普段使っているものをわざわざ持ち込んだそうです。

画像 グソクたちを乗せ走るトラックが到着
画像 絶賛設営中のダイオウグソクムシブース

 オオグソクムシの水槽は早々と完成し、元気に動きまわっていました。本番ではオオグソクムシに触ることができますよ。一方ダイオウグソクムシの水槽は水温がなかなか下がらず、午後5時すぎにようやくダイオウグソクムシが海水入りの“袋のまま”入水。まだ水槽のほうが水温が5度ほど高いため、ダイオウグソクムシが驚かないよう袋のまま入れ、この後取り出す段取りです。

画像 まずはオオグソクムシを投入
画像 タッチプールだよ!
画像 こちらはダイオウグソクムシのプール。1度に8人ずつ鑑賞できる小部屋に設置。ここに……
画像 投入された! 
画像 サイズは30センチ前後。顔よりも余裕でデカいです
画像 飼育員さんが作業中のため蛍光灯がついていますが、本番では暗くなります
画像 袋から取り出した姿は本番で楽しみましょう

 「袋から出す大仕事が残っていますが、無事水槽に入れられてよかった」と飼育員さんもホッと胸をなでおろしていました。袋から出て伸び伸びと動く(のか…?)ダイオウグソクムシさんは本番のお楽しみです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」