ニュース
» 2020年04月27日 19時00分 公開

クラウン誕生65年 迫力黒塗りボディーの特別仕様車がビシッと登場、渋さマシマシ(1/2 ページ)

昭和世代の人は懐かしい「アスリート」「ロイヤル」を思い出しちゃう特別仕様車ですよ。【写真20枚】

[志田原真俊,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は、上級セダン「クラウン」(関連記事)に一部改良を施し、2020年4月27日に発売。併せて、誕生65周年記念の特別仕様車「RS “Limited”」「S “Elegance Style II”」も投入します。価格は469万5000円(税込、以下同)から。S “Limited”は516万9000円から、S “Elegance Style II”は506万3000円から。

クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン65周年記念の特別仕様車「RS “Limited”」(写真:トヨタ自動車)
クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車 クラウン 65周年 特別仕様車

 主な刷新点は、スマートフォン連携機能を強化する「Apple CarPlay」「Android Auto」への対応、ドアトリムへの合成皮革による質感向上(一部グレードを除く)、スポーツ系グレード「RS」「RS Four」の装備見直しなどです。

国産高級車の代名詞「クラウン」はどんなクルマ?

 クラウンは1955年に純国産の高級車「トヨペット・クラウン」として誕生。初代は後部座席の乗り降りのしやすさを重視した観音開きのドアが特徴でした。4代目からトヨペットの名が外され、公用車や社用車としての実績、そして7代目(1983年発売)の有名なキャッチコピー「いつかはクラウン」などで国産高級車としての知名度を積み重ねます。

クラウン 65周年 特別仕様車 (参考)初代トヨペット・クラウン(1955年)
クラウン 65周年 特別仕様車 (参考)昭和〜平成初期時代のクラウン(8代目)(写真:鈴木伊玖馬)

 一方で、12代目(2003年発売)の通称「ゼロクラウン」ではスポーティーなイメージを強調したり、14代目(2012年発売)の特別仕様車としてド派手なピンクカラーを発売したりと、近年では保守的なイメージを払拭(ふっしょく)してユーザーの若返りを図る思い切ったイメージチェンジにも取り組んでいます。

 現行の15代目(2018年発売)では、ターゲットごとに別路線のモデルとして独立していた「アスリート」「ロイヤル」「マジェスタ」のシリーズを廃止して、ファストバック風の流麗なスタイルを持つスポーティーセダンに一本化しました。同時発売の5ドアハッチバック「カローラ スポーツ」(関連記事)とともに、「初代コネクテッドカー」と位置付ける先進性も兼ね備えます。

風格を感じる65周年特別仕様車「RS “Limited”」と「S “Elegance Style II”」

クラウン 65周年 特別仕様車 「S “Elegance Style II”」は内外装をより上質に

 65周年記念の特別仕様車として用意した15代目クラウンの「RS “Limited”」と「S “Elegance Style II”」は、クラウンのエンブレムがキラリと渋く輝くオトナなセダンとして風格を感じる仕様に仕立てています。

 S “Limited”は、黒の18インチアルミホイールとスポーツテイストの内装でスポーティーセダンとしての側面を強調。S “Elegance Style II”は高級セダンらしい上質さを重視し、タイヤ内部の共鳴を抑えてロードノイズを減らす「ノイズリダクションアルミホイール」やスエード調のシート、黒木目のセンターコンソールパネルを装備します。

 また、どちらの特別仕様車にもCパッケージ相当のオプションを標準装備します。ブラインドスポットモニターやパーキングサポートブレーキ(後方接近車両)などの安全装備、助手席肩口パワーシートスイッチなどの快適装備が含まれます。

クラウン 65周年 特別仕様車 「S “Sport Style”」も引き続きラインアップ

 このほか、2019年10月に発売された特別仕様車「S “Sport Style”」(関連記事)も継続販売。こちらは黒のアルミホイールやスモーク塗装のランプを装備し、グリルの周囲などにスモークメッキを施した大人のスポーティー仕様です。65周年記念車と同じくCパッケージ相当のオプションを標準装備します。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる