ニュース
» 2020年01月12日 15時50分 公開

「うぉぉ何だこりゃ!?」「マジで意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」まとめ(1/3 ページ)

みんな気合い入りまくり。

[志田原真俊ねとらぼ]

 1月10日から幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」。オイこれマジすぎるぞと会場で騒然となったスポーツカー「GRヤリス」(関連記事)などメーカー新型車も目立ちましたが、やはりここは「カスタムカーの祭典」です。

東京オートサロン カスタム 魔改造 「!!」マフラーがブッ飛んでいたクラウン。やっばいでしょーこれ

 自動車メーカーやカスタムショップ、自動車系の専門学校などが自慢の力作を持ち寄り、広い会場のあちこちに見たこともないようなクルマがずらりと並ぶさまは圧巻。だから、お目当ての大きなブースだけで終わりではなく、つい隅々まで一日中歩き回ってしまうのです。今回は、筆者の独断で選ぶ「東京オートサロン2020で見た“すげークルマ”」を紹介します。

今回もインパクト大の力作改造マシンが集った学生カスタム「将来楽しみ」

 オートサロン常連のNATS(日本自動車大学校)ブースには、学生たちによる超個性的な魔改造マシンが毎年多数展示されます。展示されるクルマはカスタマイズ科の学生の卒業制作なのだそうです。そりゃ毎回気合い入っているのが頷けます。

 今回も力作そろい。ブースの角の目立つ場所には2台の赤いジムニー(?)がありました。右側のやたらとデカくてワイルドなジムニーは、1年前の東京オートサロン2019でも展示されていた「NATS JIMNY ADVENTURE」(関連記事)ですね。前回は「ナンバーを取ってこのクルマで卒業旅行に行くんだ」と言っていました。何と今回はナンバー付き。すげー、マジでナンバー取っちゃったんだ。これ車検通るんだ。

東京オートサロン カスタム 魔改造 NATSブースでは2台の赤いジムニー(?)がお出迎え

 左側のジムニー(?)は1台目とは対照的にベタベタに車高が低いです。昔の「サニトラ」を小さくしたような雰囲気でカッコカワイイ。実はこれ、顔はジムニーですが、ベースはラパンだそうです。この顔似合うなあ。

東京オートサロン カスタム 魔改造 実はジムニーじゃなくてラパン。「サニトラ」みたいな雰囲気

 続いてはトヨタ・86……かと思いきや、4ドアで後ろは完全にセダン。何だこりゃ。「カムリ」をベースに顔スワップしたというなかなか面白いクルマです。

 今回、会場で特にたくさん見かけたカスタムは「GRスープラ」。この他、「MAZDA3」や「スカイライン 400R」もよく見かけました。

 NATSブースでもこのブームに乗ったのか、新型スープラのカスタムを発見。ん……? どうも違うぞ。なるほど定石にはしないのか。レクサスのオープンスポーツ「SC」をGRスープラ風の顔にしたカスタムでした。

 そこで終わらないのがヘン(褒め言葉)なところ。先代スープラの「2JZ」エンジンと「NOS(ナイトラス オキサイドシステム:映画やゲームでよく見る切り札的フル加速システム)」を搭載し、映画「ワイルド・スピード」で主人公のブライアン・オコナーが乗ったオレンジ色のスープラをイメージした仕様に仕上げたそうです。

東京オートサロン カスタム 魔改造 4ドアの86……ちょっといい
東京オートサロン カスタム 魔改造 スープラかな? いえ、レクサス SC430です

 その隣には「R35 GT-R」らしきマシンも、これも同じくワイスピに登場したR34型GT-Rをイメージしたカラーリングです。斜めに開くバタフライドアに改造されていて、しかもオープン仕様。この流れで予想が付くかもしれませんが、こちらもGT-Rではありません。元は「フェアレディZ」。よく分からんですが、お見事!

東京オートサロン カスタム 魔改造 こちらもワイスピ風なGT-R。ベース車はフェアレディZ

 続いて埼玉自動車大学校の皆さんは、軽オープンスポーツ「S660」をまさかのオフロード仕様に魔改造。ジムニーのシャシーにS660のボディーを被せて制作したそうです。

 おぉぉ、イカつい鉄バンパーが意外と似合う。偶然にもこのオートサロンで発表されたS660 2020年モデルの新色と似ていますが、鮮やかなグリーンがまたオフロードテイストに合っています。

東京オートサロン カスタム 魔改造 埼玉自動車大学校は「S660」を大胆なオフロード仕様にイメチェン
東京オートサロン カスタム 魔改造 ヒッチキャリアにはしっかりカスタムされたカブも積載。これを降ろして林道なんか走ったら楽しそう
東京オートサロン カスタム 魔改造 トヨタ東京自動車大学校の「つぎはぎスープラ」。本当につぎはぎなわけではないのですが、思わず近寄って確認してしまうクオリティー
東京オートサロン カスタム 魔改造 トヨタ東京自動車大学校のカボチャの馬車カスタム「CARぼちゃ」。ド派手過ぎるマシンを見続けていたので、かわいくてほっとします。ベース車はトヨタのdBオープンデッキだそうです
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」