ニュース
» 2020年05月05日 15時05分 公開

「泣くことができるようになりました」 大和田美帆、母・岡江久美子さんの逝去に思いつづる

大和田さん「母がお世話になった皆様とのお別れ会ができますように」。

[深戸進路,ねとらぼ]

 女優の大和田美帆さんが5月4日にブログを更新。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)による肺炎で逝去した母親・岡江久美子さんへの思いを明かしています。

大和田美帆 岡江久美子 ブログ 新型コロナウイルス 肺炎 自宅に飾ってある親子写真(画像は大和田美帆オフィシャルブログから)

 母親の旅立ちから10日以上が経過し、「最初の数日間は、自分の本当の気持ちに知らぬ間に蓋をして、日常をこなすことでごまかしごまかし、現実逃避をしていたのかもしれません」と逝去直後の心境を振り返った大和田さん。「やっと、最近になって 夜、一人になった時、母を想って泣くことができるようになりました。苦しいけれど母と向き合う大切な時間なのだと思います」と悲しみを受け止め始めていることを明かしましたが、「でも、まだ亡くなったことが信じられない気持ちもあります」と正直な胸の内も吐露しています。

 新型コロナによる死去は、感染防止のため親族であっても最期の別れに立ち会うことはできません。大和田さんは、「死顔を見ること、家族で泣き合うこと、葬儀をすること、弔問に来てくださる方に直接ご挨拶すること。それらすべてが残された者にとって気持ちを整理する大切な儀式なのだと気づかされます」と精神的な区切りをつけるキッカケがないことにも苦しんでいるようで、「いつか、母がお世話になった皆様とのお別れ会ができますように。それが今の目標です」とつづっていました。

大和田美帆 岡江久美子 ブログ 新型コロナウイルス 肺炎 4月23日に逝去した岡江さん(画像は過去記事から)

 また、父親の大和田獏さんとはお互いに励まし合いながら生活しているそうで、「父が母をどれだけ愛していたのか 今も愛しているのかを知ることができて 娘としては嬉しく、そして切なくなります」と両親の絆を実感していることも明かした大和田さん。最後には、「私の友人や母の友人、薬丸裕英さんをはじめとする 母の仕事関係の方々からの 直接会えなくても伝わってくる 思いやりや優しさに包まれて父も私も支えてもらっています」と周囲への感謝を伝えています。

大和田美帆 岡江久美子 ブログ 新型コロナウイルス 肺炎 獏さんとの親子写真(画像は大和田美帆オフィシャルブログから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた