ニュース
» 2020年05月13日 00時30分 公開

「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた

一気にトレンドに上がった経緯と理由とは。

[鶴原早恵子,ねとらぼ]

 2020年5月11日の夜から12日にかけて、Twitterのトレンドに上がった「#小湊鐵道中の人の不当解任に抗議します」というハッシュタグ。不当解任という穏やかでない響きに、何があったのか経緯をまとめ、小湊鐵道に事情を聞きました。

小湊鐵道公式Twitterアカウント #小湊鐵道中の人の不当解任に抗議します」というハッシュタグがトレンドに上がり、注目された

 このハッシュタグの発端となったのは、小湊鐵道公式Twitterアカウントが11日の夜につぶやいた「とても急な話ですが、本日Twitter担当をクビになりました」というツイート。そしてその理由として公式アカウントの旧担当者(以下、アカウント担当者)が挙げたのは、「『好き勝手にTwitterをやるな』という事」でした(※この2つのツイートは5月12日現在、どちらも削除されている)。

 続けて、12日に日付が変わった直後には「ごっそり削除されています」とツイート。これにより、小湊鐵道公式アカウントの過去のツイートの多くが削除されていることが判明します。

 アカウント担当者からは「ガイドラインはおろか、決まりごとは何も無いところからいきなり担当にされ」たことなども語られました。

 この流れに、小湊鐵道公式Twitterファンをはじめとする人たちから怒りや戸惑い、悲しみの声が次々と上がります。それまでにもしばしばアカウント担当者がツイート内容について上席者から苦言を呈されたことをつぶやいていたこともありました。その結果、上記のハッシュタグを使ったツイートが一気に増え、トレンドに上がったのが現時点の経緯です。

小湊鐵道公式Twitterアカウント 小湊鐵道Webサイト

 小湊鐵道公式Twitterアカウントのどんなつぶやきが「好き勝手」だったのでしょうか。小湊鐵道総務部に話を伺いました。

── どうして今回、担当の方を外すことになったのでしょうか。

 「非常に熱心に情報発信をしてくれていて、ファンを増やしてくれているということは評価しています。少々あの……尖った発信をしていることも知っていますが、それ自体は実は特に問題視をしているわけではなかったんですよ」(小湊鐵道)

── そうなんですか!

 「ただ、会社の内部事情に関わるようなツイートがあり、注意をしていたという経緯がありまして……」(小湊鐵道)

── 普段のツイートのゆるい、ちょっと尖った内容ではなく、外部に発信すべきではない話までしてしまっていたことが問題視された、と。

 「そうですね」(小湊鐵道)

── ツイートの内容といえば、そもそもツイートに関するガイドラインがなかったという話も出てきましたが……

 「そこは会社側の問題でもあります。会社で作ってもいませんでしたし、実はTwitter担当者はその……本来そういったものを作る責任者でもあるのですが、本人にガイドラインを作るよう指示も出していませんでしたので……。今後は、情報発信についても含め就業規則などを改定していかなければいけないと思っています」(小湊鐵道)

 公式アカウントの中の人がファンを集め楽しませていたことや積極的に情報発信していたことは評価されていたもよう。小湊鐵道の公式アカウントは、中の人の交代後も運用を続けていく予定とのことです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた