ニュース
» 2020年05月15日 18時00分 公開

空から降ってきたんか!? 2台のクルマの上に別の車が乗り上げ“組体操”状態になる事故が発生、原因はギア操作のミス

どうしてこうなった。

[春山優花里,ねとらぼ]

 ちょっとした操作ミスがきっかけで大惨事に。米フロリダのとある街で、コントロール不能に陥ったクルマが暴走する事件が発生。「そうはならんやろ」とツッコミたくなる現場写真が話題になっています。

海外 事故 高齢者 操作ミス 思わず「どうしてこうなった」「そうはならんやろ」と言いたくなる事故現場の写真(画像はFacebookより)

 空から降ってきたかのように、2台のクルマの上に鎮座している1台のクルマ。乗り上げている白いクルマはキャデラック「XTS」というモデルで、セダンやクーペなど一般的なクルマのイメージ通りのシルエットをしており、オフロード車やモンスタートラックのような踏破力が高いクルマではありません。本当にどうしてこうなったのか。

 海外メディアの情報によると、事故を起こしたXTSのドライバーは高齢者で、現場はサントラスト銀行の敷地内。XTSのドライバーは、ドライブスルーを利用していたそうで、発進しようとしたときにギア操作を誤ったことがきっかけと伝えられています。

海外 事故 高齢者 操作ミス 違うアングルから撮影された写真(画像はFacebookより)
海外 事故 高齢者 操作ミス 少し離れた場所から撮った写真(画像はFacebookより)

 ギアをリバース(後退)に入れてしまったことで、ドライバーがパニックを起こしてしまい、クルマはコントロール不能になったとみられています。

 事故の様子を捉えたドライブレコーダーの映像も公開されており、勢いよく駐車場から飛び出してくるXTSの姿が映し出されています。XTSはバック走行のまま道路を横断、逆走したまま交差点を曲がって、再び駐車場に戻っていくのが確認できました。

 駐車場に停車していたダッジ・ジャーニーとフォルクスワーゲン・ジェッタの2台に、バック走行のまま乗り上げたところで停止。乗り上げたあともしばらく、XTSのドライバーはアクセルは踏みっぱなしだったそうで、深刻なパニック状態であったことがわかります。

 走行中の一般車両と衝突しそうなシーンもあり、被害が最小限に留まったのは奇跡的です。幸いなことに、この事故でケガをした人はいないそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.