ニュース
» 2020年05月18日 14時39分 公開

アスパラが成長すると、こんなモシャモシャになるとは!!

アスパラの豆知識。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

アスパラ このモシャモシャがアスパラ……?

 アスパラのおいしい季節がやってきました。5月も中旬になると、いよいよ露地ものが出回りはじめます。私たちが食べているのは、枝葉が出る前のアスパラの若い芽と茎の部分です。では、この若い芽を収穫しないでそのまま成長させておくと、アスパラはどうなるのでしょう。その答えは……。

(正式名称は「アスパラガス」ですが、ここでは「アスパラ」と省略してお伝えします)

これがアスパラの成長した姿。残した芽を成長させ根に栄養をためる


アスパラ 栄養をためていま〜す

 アスパラは、大根やほうれん草のように、毎年、種をまいて苗を育てる植物ではなく、みょうがのように地下茎によって育ちます。春になると芽がニョキニョキと生えてきて、私たちは毎年、この若い芽をおいしくいただきます。

 収穫が終わると地下茎はそのまま越冬させて、次の年の春にまた生えてくる新しい芽を収穫して食べます。

 アスパラが毎年元気に芽を出すためには、冬を越すとき、根に栄養分を蓄えていなければなりません。そのため、春に生える芽を全て刈り取らず、ある程度の数を残して成長させておきます。

 夏になると、地面に残ったアスパラは枝が伸び、葉が増え、背丈が1.5メートルほどになります。この姿が“本来の”アスパラの姿です。収穫されなかったアスパラはモシャモシャに大きくなって、強い日差しを浴びながら光合成し、根に十分な栄養をためこみます。こうやって栄養分をたくわえることによって、次の年のアスパラもまた太くておいしくなるのです。

苗を植えたら2〜3年で収穫開始。同じ株で10年は採れる


アスパラ 私たちが食べるのは、出始めたばかりのアスパラの茎

 アスパラは涼しい気候を好むので、主に北海道や長野県で栽培されています。種から育てる方法もありますが、家庭菜園では苗を買って植えつける方法が一般的です。植えてから1、2年は収穫せずに、地中の株を大きく成長させます。そして3年目からいよいよ収穫です。一度植えると10年ほどは収穫できるので、家庭菜園としてはかなり“お得感”がありますね。

 春になるとニョキニョキと生えてくるアスパラ。出た芽はすべて食べてしまいたいところですが、そこはじっと我慢して、次の年のために何本かは残しておきます。残った芽は夏の間、モシャモシャに成長し、晩秋には枯れてしまいます。8割がた枯れたところで根元近くから刈り取り、追肥して越冬させます。こうしてアスパラは根に栄養をためて、来春また元気な芽を出すのです。

伸びたら倒れないようにヒモをはる


アスパラ

 収穫しなかったアスパラは、日差しを浴びてどんどん大きくなります。最終的には1.5メートルにもなりますが、高さが60センチほどになったら、倒れないように支えを施します。

 大きな畑の場合は、支柱を何本も立ててヒモをはって倒れないようにしますが、家庭菜園の場合は、一つの株の四隅に支柱を立てヒモをはります。アスパラが伸びたら、背丈に合わせて、ヒモを2段、3段にはっていくといいでしょう。こうして倒れないようにしておき、晩秋に枯れたら刈り取ります。

 アスパラは北海道のように昼と夜の寒暖差があると、より甘くおいしくなるといわれています。北海道では、採れたてのアスパラを道外の人たちにも食べてもらおうと、産地から直送してもらう「アスパラギフト」という“システム”があり、毎年、早くから予約を受け付けています。5月も中旬。いよいよ露地もののアスパラの季節になりました。今年もおいしくいただきたいですね。


アスパラ 今年もおいしいアスパラが採れました

参考:やまむファーム「アスパラガスの栽培方法・育て方のコツ」/農研機構「農業技術事典」アスパラガス/サカタのタネ「園芸通信」サカタのタネ「園芸通信」アスパラガスの育て方・栽培方法アスパラガスの育て方・栽培方法/『からだにおいしい野菜の便利帳』高橋書店/もっとからだにおいしい野菜の便利帳』高橋書店

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/25/news124.jpg 壊された昭和のハンバーガー自販機、古びた色合いまで元通りに 粋な修理をした加工業者に称賛集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ