ニュース
» 2020年05月18日 16時45分 公開

限定100台 ロータス「エリーゼ」に歴代ロータスF1マシンをイメージした特別車が登場

スターリング・モスも搭乗した「Type 18」イメージのバージョンもあります!

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ロータスカーズは2020年5月15日、往年のF1マシンをモチーフに「エリーゼ」をカスタムした特別仕様車「エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション」の受注を開始しました。生産台数は全世界で100台限定、価格は759万円(税込)です。

photo ロータス「エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション」「ブルー/ホワイト」バージョン(写真:エルシーアイ、以下同)

 ロータスカーズは英国に拠点を置く自動車メーカー。「エリーゼ クラシック ヘリテージ エディション」は、ライトウェイトのスポーツカー「エリーゼ スポーツ 220II」(関連記事)がベースとなっています。

 特徴は、ロータスが手がけた歴代F1マシンをモチーフにした塗装。全4種類のカラーバリエーションが用意されます。

 1972年のF1で5回の勝利を上げた「Type 72D」モチーフの「ブラック/ゴールド」のほか、1968年にグラハム・ヒルが搭乗した「Type 49B」をイメージさせる「レッド/ホワイト/ゴールド」、1980年にナイジェル・マンセルなどが搭乗した「Type 81」を参考にした「ブルー/レッド/シルバー」。

photo エリーゼ スポーツ 220II
photo 「ブラック/ゴールド」バージョン
photo 「レッド/ホワイト/ゴールド」バージョン
photo 「ブルー/レッド/シルバー」バージョン

 そして、特に注目したいのは「ブルー/ホワイト」。英国の名ドライバー「スターリング・モス」が操り、ロータス車両初の勝利を遂げたマシン「Type 18」をイメージしています。

photo スターリング・モスも操縦したマシン「Type 18」をモチーフにした「ブルー/ホワイト」バージョン
photo 「ブルー/ホワイト」バージョンの内装

 搭載する1.8リッターのスーパーチャージャーエンジンは、最大220馬力、最大トルク25.4kgf-mを出力。クルーズコントロールや2ピースブレーキディスクなども標準装備しています。

 日本では国内正規輸入元エルシーアイが受注販売を手がけ、オーナーへの配車は2020年11月以降を予定しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン