ニュース
» 2020年05月21日 18時45分 公開

マスク着用「必ず」空港や機内で ANAが利用客に呼びかけ、状況によっては「搭乗拒否」も示唆

感染症予防対策の一環として実施されます。

[春山優花里,ねとらぼ]

 全日本空輸(ANA)は2020年5月21日、昨今の情勢を踏まえた感染症予防対策を発表。その中で利用客に対して「必ずマスク着用を」と呼びかけています。

ANA 全日空 マスク 全日本空輸(ANA)グループ公式サイト

 「ANA便をより安心してご利用いただくために」と題した発表によると、利用客同士の不安解消を目的として、空港および機内で「マスクを必ず着用」するように呼びかけています。チェックインから出発前に滞在するラウンジなど、空港内のあらゆる場所が対象となっており、マスクを着用していない場合は、航空機の搭乗を「お断りする場合がございます」としています。

ANA 全日空 マスク 「ANA便をより安心してご利用いただくために」と題した発表(画像はANAより)

 ANAグループでは、空港内の施設・設備や航空機の消毒、利用客と接する職員のマスク着用、空気の換気など、独自の基本方針を掲げて感染症対策を行っていることを強調し、「皆様へ感染拡大防止に向けた取り組みへのご協力をお願い申し上げます」と、理解と協力を呼びかけています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.