インタビュー
» 2020年06月12日 20時30分 公開

「好きなものを飾る」を最優先にすると部屋が片付かない理由 コレクター女子に聞く“コレクションと理想の部屋づくりの両立”

「“物が多くてもスッキリ見える収納法”に凝ったこともあるんですけど」「目隠し布で覆い隠しても減るわけではないんです」

[直江あき,ねとらぼ]

 家族全員コレクター、自身も根っからのコレクターで物が捨てられなかったという著者によるエッセイマンガ『集めすぎ女子が本当の「好き」を見極めたら みるみる部屋が片付きました』。今回は著者・ひぐちさとこさんに「好きなものを集めること」と「片付けすること」を両立する難しさ、コツについてインタビュー。マンガ本編も合わせて掲載します(聞き手:直江あき)。



マンガ『集めすぎ女子が本当の「好き」を見極めたら みるみる部屋が片付きました』とは?

 著者は手芸やアニメ、漫画やフィギュア、かわいいものが大好きな“集めすぎ”のオタク女子。宝物に囲まれて大満足だったはずが、気付けば自室は大切なものといらないものが混在する樹海に……。

 物を捨てたくないオタクならではの視点でちょっとした小技や片付けのアイデアを詰め込み、お片付けから宝物がディスプレイされるまでを、一風変わった面白エピソードを交えて紹介した作品です。

著者プロフィール:ひぐちさとこ(Twitter:@higuchisatoko/ブログ:集めすぎ女子が本当の好きを見極めたら みるみる部屋が片付きました

小さくてかわいいものが大好きで、集め始めると止まらないオタク気質のアラサー女子。著書に『そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常』『童貞女子会へようこそ!』(ともにKADOKAWA)がある。


第1話「友だちが来る!片付けてはみたものの・・・夢の部屋のなれ果て」

















その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


―― 第1話は、大学進学後の部屋の状況について描かれています。ペットボトルが転がるほど散らかってしまったのはなぜでしょうか?

 実家では姉との二人部屋だったんですが、大学入学時に一人暮らしのために広い部屋に引っ越しまして。私の家族は皆コレクターで、私自身も“自分のこだわりで取ってあるもの”は捨てられないタイプだったのですが、自分が使えるスペースが広がった結果、物がさらに増えていったんですよね。

 最初のうちはパズルのようにうまく組み合わせればキレイに保てていたんですが、次第に管理できなくなっていきました。

―― 物が多過ぎて、工夫で何とかなるレベルを超えてしまった、と。

 掃除の頻度も落ちてしまったというのもあると思います。自分のスペースが狭かったときは、1カ月も片付けをしないと部屋が成り立たなくなってしまったんですが、広いとちょっと物をよけておけば暮らせちゃうんですよね。すると、どんどんゴミがたまっていって、今度はゴミをゴミとして認識しなくなってきて。

 ビニール袋のような“明らかなゴミ”はいいんですが、使い終えた財布などの“今はもう使っていない物”も必要な気がしてしまって、「とりあえず箱に入れていればセーフ」ということにしていました。そういうのが大学生活の4年間でどんどん増えていって……という感じですね。

―― コレクションの方はどうでしたか?

 コレクション面でいうと、かわいいものを見掛けると買わないと気が済まなくて。「“今日はここに遊びに行った”という記念」「“今日はこれを見つけた”という感想」のような感じで購入。でも、部屋に置ける場所はなく、適当に置いていました。

 それから、コレクションと実用品の区別が曖昧になって、小さくてかわいい柄のカバンをたくさん持っていました。おかげで出掛けるとき、どのカバンに鍵や財布が入っているのか分からなくなり、待ち合わせに遅れたり。単体で見たときにかわいいと思うものばかりを買っていたせいで、カバン、服、靴下、傘の全てが柄物になって、うまくコーディネートできずに待ち合わせに遅れたり。

 無地の靴下を買うためにお店に行っても、柄物やリボン付きのものに手が伸びてしまうんですよね。掘り出し物があると、つい。

 また、当時は「残る物の方がお得」と思っていて。例えば、ペットボトルのおまけ。ペットボトル飲料を買うとき、ストラップやマグネット、携帯クリーナーなどが付いてくるものを選んでいました。でも、別にこれといって欲しいわけではないので、持て余してしまうんですよね。

片付けの順番は「飾る→しまう→捨てる」か、「捨てる→しまう→飾る」か

―― 当時の片付けの仕方を振り返って、どう思いますか?

 「片付け=好きなものを飾ること」だと思っていました。

―― コレクターらしい考え方ですね。

 片付けをするときは、まず好きなものを飾って、その後にとりあえず服を箱にしまう。それが終わったら明らかなゴミを捨てる。まだ片付いていないものはとにかく見えなくなればよし、という感じ。

 “物が多くてもスッキリ見える収納法”に凝ったこともあるんですけど、いくらテトリスみたいに「コレとコレを組み合わせて〜」「突っ張り棒をいっぱい使って〜」と頑張っても、物が多いという事実は変わりません。

 どんどん買えば、物はどんどん増えていく。目隠し布で覆い隠しても減るわけではないんです。

―― それが真理なんですよね……。

 けれど、「新しい棚をこんなに買ってこんなに工夫しているに、どうして私の部屋は散らかっているんだろう」と思っていました。そもそも、部屋にあるものが全部大切に思えるから、いらないものなんてないと思ってたんですね。

 まずは持ち物を全部出して、その中から本当に好きなものを見極める。そして、最後に飾り方を工夫するという順番に変えてから改善しました。

コレクション用の棚を持ち過ぎないことの大切さ

―― コレクションと理想の部屋作りを両立するうえで大事なことは何ですか?

 「コレクションと実用品を置くエリアを分ける」ですね。例えば、私は小さくてかわいいものが好きなんですが、本棚に並べてしまうと、本の出し入れが難しくなります。そうすると、読み終わったときに戻すのが面倒になって、本を床に置くようになってしまったり……。

 コレクションは基本的に見て楽しむものなので、動きがあまり発生しないところに置くことが大事。小さくてもいいので「ここはコレクションのコーナー」とひとつ決めれば、こういうゴチャゴチャは起こりません。

 もうひとつポイントなのは、棚を持ち過ぎないことだと思います。以前はコレクションが増えるたびに棚を増やしていましたが、そうするとキリがないので。スペースを決めて、その範囲でやりくりするようにしています。

 コレクションを減らすのには難しいところもありましたが、減らすといってもすぐに捨てるというわけではないんです。詳しくはマンガの続きに描いていますが、コレクションはしまって保存するのもアリですよね。

 以前は「飾るものなのに飾らないなんてかわいそう」「飾らなきゃ意味ない」と思っていたんですが、今はお店のように季節や月ごとに飾るものを変えるのも良いという考え方になりました。「今月はこれをこう飾ろう」と考える楽しみもありますし、コレクションがキレイな状態で保存できます。やはりいつも出していると、日焼けやホコリで痛んでしまうので。

本企画は全4本の連載記事となっています


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/25/news124.jpg 壊された昭和のハンバーガー自販機、古びた色合いまで元通りに 粋な修理をした加工業者に称賛集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ