ニュース
» 2020年06月08日 16時00分 公開

雑誌で見たアイツがなぜ!? 魔改造爆速ワゴン「GT-R R33 スピードワゴン」が海外で発見される(1/2 ページ)

最新GT-Rより安く買えちゃう。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 R33型スカイラインGT-Rをステーションワゴンに魔改造した「GT-R R33 スピードワゴン」が海外で中古車として売りに出され、話題になっています。

GT-R R33 ワゴン GT-R R33 スピードワゴン(写真:VISTEC R IMPORTS、以下同)

 この奇抜なスタイルのクルマは、R33型デビュー直後の1995年にある雑誌の企画で作られた1台限りのカスタムマシンとみられています。前から見ると普通のR33、後ろ姿は往年の「パルサーEXA」のような3ドアシューティングブレークという独特の出で立ちに仕上がっています。“クーペ風”フォルムのクルマが増えた今、改めて見ると意外としっくり来るかも。

 R33 スピードワゴンを作った雑誌とは、日本のチューニングカーシーンをけん引してきた「OPTION」。大阪のチューニングショップ「トライアル」が製作したマシンです。

 ただワゴン化するだけではなく走りも徹底的に仕上げました。当時の誌面では筑波サーキットでのタイムアタック、今はなき谷田部高速周回路での最高速テストにも挑んでいます。イロモノかと思いきや、最高速度は時速304.8キロと正統派チューニングカー顔負けの記録を叩き出しています。

GT-R R33 ワゴン 前から見ると普通のR33

 目撃情報によれば、R33 スピードワゴンは2018年頃まで日本で走っていたようですが、現在はフロリダやグアテマラに店舗を展開する「VISTEC R IMPORTS」で次のオーナーを待っています。

 南国っぽい異国の地で撮られた出品写真を見る限り、日本で最後に目撃された頃の姿と大きく変わってはいない様子。独特のスタイルは健在で、HKS製タービンにエンドレスのブレーキキャリパー&ローター、ナルディのステアリングに砲弾型マフラーなどなど、当時の最先端チューニングカーの面影を残しています。価格は8万5000ドル(約931万円)、一点物の希少車としては手が届かなくはない値段です。

GT-R R33 ワゴン まだ元気に走っていた、しかも海外にあったとは驚きです
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10