ニュース
» 2020年06月08日 16時00分 公開

雑誌で見たアイツがなぜ!? 魔改造爆速ワゴン「GT-R R33 スピードワゴン」が海外で発見される (1/2)

最新GT-Rより安く買えちゃう。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 R33型スカイラインGT-Rをステーションワゴンに魔改造した「GT-R R33 スピードワゴン」が海外で中古車として売りに出され、話題になっています。

GT-R R33 ワゴン GT-R R33 スピードワゴン(写真:VISTEC R IMPORTS、以下同)

 この奇抜なスタイルのクルマは、R33型デビュー直後の1995年にある雑誌の企画で作られた1台限りのカスタムマシンとみられています。前から見ると普通のR33、後ろ姿は往年の「パルサーEXA」のような3ドアシューティングブレークという独特の出で立ちに仕上がっています。“クーペ風”フォルムのクルマが増えた今、改めて見ると意外としっくり来るかも。

 R33 スピードワゴンを作った雑誌とは、日本のチューニングカーシーンをけん引してきた「OPTION」。大阪のチューニングショップ「トライアル」が製作したマシンです。

 ただワゴン化するだけではなく走りも徹底的に仕上げました。当時の誌面では筑波サーキットでのタイムアタック、今はなき谷田部高速周回路での最高速テストにも挑んでいます。イロモノかと思いきや、最高速度は時速304.8キロと正統派チューニングカー顔負けの記録を叩き出しています。

GT-R R33 ワゴン 前から見ると普通のR33

 目撃情報によれば、R33 スピードワゴンは2018年頃まで日本で走っていたようですが、現在はフロリダやグアテマラに店舗を展開する「VISTEC R IMPORTS」で次のオーナーを待っています。

 南国っぽい異国の地で撮られた出品写真を見る限り、日本で最後に目撃された頃の姿と大きく変わってはいない様子。独特のスタイルは健在で、HKS製タービンにエンドレスのブレーキキャリパー&ローター、ナルディのステアリングに砲弾型マフラーなどなど、当時の最先端チューニングカーの面影を残しています。価格は8万5000ドル(約931万円)、一点物の希少車としては手が届かなくはない値段です。

GT-R R33 ワゴン まだ元気に走っていた、しかも海外にあったとは驚きです
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン