ニュース
» 2020年06月09日 12時22分 公開

6月9日は「我が家のカギを見直すロックの日」! 防犯強化を行おう

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

画像 6月9日は「我が家のカギを見直すロックの日」です

 6月9日は日本ロックセキュリティ協同組合が2001年に制定した「我が家のカギを見直すロックの日」です。6と9の語呂で「ロック」ということで、6月9日には全国各地で防犯に関するイベントが開催されています。

 実はこの「我が家のカギを見直すロックの日」が制定された翌々年をピークに、国内での空き巣被害が減少傾向にあります。防犯には意識付けが大切だということがよく分かりますよね。そこで今回は自宅の防犯を強化するためのポイントをご紹介していきます。

空き巣などの侵入窃盗件数は1日あたり86件


画像 空き巣の件数は減っていても住宅は常に危険にさらされています

 少し前までは近所に空き巣が入ったという話をよく耳にしましたが、最近はほとんど聞きません。実際に2018年の住宅侵入窃盗件数は約3万件で、2003年には15万件以上あったことを考えるとこの15年で空き巣などの侵入被害は大幅に減っています。

 それでも1日あたりで計算すると86件もの住宅が侵入窃盗の被害にあっています。その中でも一軒家が被害に合う確率が特に高く、2018年に発生した全ての侵入窃盗のうち住宅で起きた被害の割合は次のようになります。

一戸建住宅:42.5%

共同住宅(3階以下):11.9%

共同住宅(4階以上):4.1%

 圧倒的に一戸建住宅での被害が多いことが、データから分かるかと思います。このように一軒家は侵入窃盗のターゲットになっていますので、なんらかの対策が必要です。具体的にどのような対策が必要なのか見ていきましょう。

【参考】:データで見る侵入犯罪の脅威

侵入窃盗を防ぐために自宅でできること


画像 空き巣の半数近くは無施錠の窓やドアからの侵入です

 侵入窃盗の犯罪者は周囲の目をとても気にします。このため侵入に時間がかかると判断した場合には、その家への侵入を諦めます。具体的には5分以上かかると約7割、10分以上かかるとほぼ全ての犯罪者が侵入を諦めます。

 このことから分かるのは、侵入しにくい環境を整えることがいかに重要かということです。

1.外出時には窓や扉を施錠する

2.防犯アイテムを利用する

 侵入窃盗に合わないためにはこの2点を意識しましょう。

 施錠するのは当たり前のことですが、コンビニまで行くといったちょっとした外出時に鍵を掛けずに出てしまうこともあるかと思います。そういうときでも必ず鍵を掛けましょう。侵入窃盗被害の約半数が無締りの家で起きています。

 ただ、犯罪者はさまざまなアイテムを持っているので施錠するだけでは簡単に侵入されます。侵入を防ぐために、次のような防犯アイテムを導入しましょう。

  • 窓ガラス用防犯フィルム
  • 防犯カメラ
  • センサーライト

 これらのアイテムは後付けできますので、手軽に防犯効果を高められます。ただし簡易的な防犯にしかなりませんので、より確実に侵入を防ぎたいのであれば、少なくとも1階の窓を防犯ガラスに交換し、玄関の扉には補助錠を追加しておきたいところです。

防犯効果が高いのは地域での連携


画像 近所づきあいを大切にして地域で防犯効果を高めましょう

 空き巣を防ぐには防犯アイテムの導入が効果的ですが、防犯としてできることはそれだけではありません。実は防犯に強いまちづくりを行うことで、侵入窃盗被害を減らせることが分かっています。

 都市防犯研究センターの調べによると、63%の犯罪者が声をかけられたことで犯行を諦めています。警察官に会ったときは20%、補助錠は34%が侵入を諦めるということですので、声をかけることがいかに空き巣を減らす効果が高いか分かりますね。

 見かけない人が歩いていたらあいさつをするだけでも、犯罪者は顔を覚えられたと感じて別の場所に移動します。でも、見かけない人かどうかというのは普段から地域全体の交流などがないとなかなか分かりません。

 だからこそ近所づきあいが大切になります。普段からコミュニケーションをとって、同じ町内にどんな人が暮らしているのかは把握しておきましょう。そして不審な人を見かけたら、あいさつ程度でいいので声をかけるようにしましょう。

 せっかくですから「我が家のカギを見直すロックの日」に、近所の人と防犯について話をしてみるのもいいかもしれません。もちろん6月9日以外でも、防犯意識は忘れないようにしてくださいね。

【参考】:みんなで侵入犯罪に強いまちづくり・住まいづくり

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10