ニュース
» 2020年06月09日 12時22分 公開

6月9日は「我が家のカギを見直すロックの日」! 防犯強化を行おう

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

画像 6月9日は「我が家のカギを見直すロックの日」です

 6月9日は日本ロックセキュリティ協同組合が2001年に制定した「我が家のカギを見直すロックの日」です。6と9の語呂で「ロック」ということで、6月9日には全国各地で防犯に関するイベントが開催されています。

 実はこの「我が家のカギを見直すロックの日」が制定された翌々年をピークに、国内での空き巣被害が減少傾向にあります。防犯には意識付けが大切だということがよく分かりますよね。そこで今回は自宅の防犯を強化するためのポイントをご紹介していきます。

空き巣などの侵入窃盗件数は1日あたり86件


画像 空き巣の件数は減っていても住宅は常に危険にさらされています

 少し前までは近所に空き巣が入ったという話をよく耳にしましたが、最近はほとんど聞きません。実際に2018年の住宅侵入窃盗件数は約3万件で、2003年には15万件以上あったことを考えるとこの15年で空き巣などの侵入被害は大幅に減っています。

 それでも1日あたりで計算すると86件もの住宅が侵入窃盗の被害にあっています。その中でも一軒家が被害に合う確率が特に高く、2018年に発生した全ての侵入窃盗のうち住宅で起きた被害の割合は次のようになります。

一戸建住宅:42.5%

共同住宅(3階以下):11.9%

共同住宅(4階以上):4.1%

 圧倒的に一戸建住宅での被害が多いことが、データから分かるかと思います。このように一軒家は侵入窃盗のターゲットになっていますので、なんらかの対策が必要です。具体的にどのような対策が必要なのか見ていきましょう。

【参考】:データで見る侵入犯罪の脅威

侵入窃盗を防ぐために自宅でできること


画像 空き巣の半数近くは無施錠の窓やドアからの侵入です

 侵入窃盗の犯罪者は周囲の目をとても気にします。このため侵入に時間がかかると判断した場合には、その家への侵入を諦めます。具体的には5分以上かかると約7割、10分以上かかるとほぼ全ての犯罪者が侵入を諦めます。

 このことから分かるのは、侵入しにくい環境を整えることがいかに重要かということです。

1.外出時には窓や扉を施錠する

2.防犯アイテムを利用する

 侵入窃盗に合わないためにはこの2点を意識しましょう。

 施錠するのは当たり前のことですが、コンビニまで行くといったちょっとした外出時に鍵を掛けずに出てしまうこともあるかと思います。そういうときでも必ず鍵を掛けましょう。侵入窃盗被害の約半数が無締りの家で起きています。

 ただ、犯罪者はさまざまなアイテムを持っているので施錠するだけでは簡単に侵入されます。侵入を防ぐために、次のような防犯アイテムを導入しましょう。

  • 窓ガラス用防犯フィルム
  • 防犯カメラ
  • センサーライト

 これらのアイテムは後付けできますので、手軽に防犯効果を高められます。ただし簡易的な防犯にしかなりませんので、より確実に侵入を防ぎたいのであれば、少なくとも1階の窓を防犯ガラスに交換し、玄関の扉には補助錠を追加しておきたいところです。

防犯効果が高いのは地域での連携


画像 近所づきあいを大切にして地域で防犯効果を高めましょう

 空き巣を防ぐには防犯アイテムの導入が効果的ですが、防犯としてできることはそれだけではありません。実は防犯に強いまちづくりを行うことで、侵入窃盗被害を減らせることが分かっています。

 都市防犯研究センターの調べによると、63%の犯罪者が声をかけられたことで犯行を諦めています。警察官に会ったときは20%、補助錠は34%が侵入を諦めるということですので、声をかけることがいかに空き巣を減らす効果が高いか分かりますね。

 見かけない人が歩いていたらあいさつをするだけでも、犯罪者は顔を覚えられたと感じて別の場所に移動します。でも、見かけない人かどうかというのは普段から地域全体の交流などがないとなかなか分かりません。

 だからこそ近所づきあいが大切になります。普段からコミュニケーションをとって、同じ町内にどんな人が暮らしているのかは把握しておきましょう。そして不審な人を見かけたら、あいさつ程度でいいので声をかけるようにしましょう。

 せっかくですから「我が家のカギを見直すロックの日」に、近所の人と防犯について話をしてみるのもいいかもしれません。もちろん6月9日以外でも、防犯意識は忘れないようにしてくださいね。

【参考】:みんなで侵入犯罪に強いまちづくり・住まいづくり

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  8. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  9. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……
  10. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. 江頭2:50 憧れの女性と念願デートも、緊張のあまり“ガチガチ”の“デレデレ”になってしまう「こんなエガちゃん見たことない」
  3. 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  5. 【Amazonブラックフライデー】セールの目玉商品第2弾を公開 新型「Kindle Paperwhite」が30%オフ
  6. 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  7. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  8. 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. 「すごく気に入ってます!」 ワンオクRyota、4歳娘の描いた似顔絵を“タトゥー”に 著名アーティストからも「いいね!」
  10. 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」