ニュース
» 2020年06月11日 19時00分 公開

「鼻、デカっ!」「悪夢のような現実」「いや、よく見るとかっこいい」 新しいBMW 4シリーズ、どう? SNSで賛否両論 (1/3)

かっこいい? だめ?

[松本健多朗, ねとらぼ編集部,ねとらぼ]

 BMWは6月2日(現地時間)、2ドアスポーツクーペの新型「4シリーズ」を発表しました。

新型「4シリーズ」(写真:ビー・エム・ダブリュー、以下同) BMW 新型「4シリーズ」(写真:ビー・エム・ダブリュー、以下同)

 4シリーズは、ミッドサイズ主力セダン「3シリーズ」ベースのプレミアムクーペ。低く流れるような美麗なボディーラインが魅力です。

 しかし今回の新型は「ガツンと巨大化したキドニーグリル」にまず注目してしまいます。BMW車のアイコンである2つ穴の開いたフロントグリル=キドニーグリルですが、近年、だんだんと大型化し、その存在をより強く主張するようになってきています(関連記事)

 新しい4シリーズのグリルデザインは、1936年に登場したスポーツカー「328」、1970年代に登場した2ドアクーペ「3.0CS」など、かつてのBMWクーペモデルのスポーティーで洗練されたモチーフを取り入れたとしています。

 そのデザインには「悪夢のような現実に」「ついにこの顔になっちまったか」といった声から、「全体のプロポーションがいいから、顔面がアレでもいい感じに見れるね」「思ったほど違和感がないですかね」「最近のBMWのデザインはとても好き」といった声まで賛否両論。SNSでもかなり多くの反応が上がっています。


BMW「4シリーズ」(写真:ビー・エム・ダブリュー、以下同) 美しいボディーラインが魅力の「4シリーズ」
縦長の大型キドニーグリルが特徴 新型4シリーズのキドニーグリル。幅も縦にも長くドカンと大型化した
BMW キドニーグリル (参考)同じくグリルを大型化したBMW 7シリーズ(2019年1月発表)
BMW キドニーグリル (参考)BMW X1シリーズ(2019年10月発売)

 最上級グレードの「M440i xDriveクーペ」は、3リッター直列6気筒ガソリンターボエンジンと48Vマイルドハイブリッドシステムの組み合わせで、最大出力374馬力(278kW)、最大トルク51kgm-f(500Nm)を発生。最高時速250キロ、静止状態から時速100キロまで4.5秒で達する優れた走行性能を持ちます。

 価格はドイツ市場向けモデルで4万5800ユーロ(日本円換算約568万円)から。日本市場向けは2020年秋ごろ発売予定としています。

最大出力374馬力を発揮する最上位グレードの「M440i xDriveクーペ」 最大出力374馬力を発揮する最上位グレードの「M440i xDriveクーペ」
新型「4シリーズ」の内装 新型「4シリーズ」の内装
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.