ニュース
» 2020年06月14日 10時30分 公開

画材は太陽!? 木板や石をキャンバスに太陽光で描くサンライト・アートが斬新

レンズひとつで壮大なアートが!

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 米国を拠点とするアーティストのマイケル・パパダキスさんが太陽光の熱で木板の表面を焦がして描くサンライト・アートが注目を集めています。


レンズで太陽光を集熱させて描くアート 太陽光を集熱させてアートを描く

レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート レンズで太陽光を集熱させて描くアート

 マイケルさんはレンズや鏡を使って太陽の光を集熱させ、その熱で木版の表面を焦がして絵を描きます。1つの作品を仕上げるのにとても根気のいる作業のようです。2人の子どもが描かれている作品は、焦げによる濃淡によって絵に深みが増し、子ども達の笑顔がイキイキとして見えます。


レンズで太陽光を集熱させて描くアート イキイキとした笑顔の子ども達

レンズで太陽光を集熱させて描くアート 幸せそうな子ども

レンズで太陽光を集熱させて描くアート この世に2つとないアート

レンズで太陽光を集熱させて描くアート 部屋にひとつ欲しい

 マイケルさんは時々屋外のイベントでパフォーマンスとして大勢の目の前でサンライト・アートを手がけることも。巧みにレンズを操りながら鮮やかに描くアートに魅了される人も大勢いるようで、お店の看板制作などの依頼などもあるようです。


レンズで太陽光を集熱させて描くアート ウェアラブルカメラの「GoPro」のロゴ入り看板

レンズで太陽光を集熱させて描くアート 結婚式に使われた看板

レンズで太陽光を集熱させて描くアート まるで印刷されたモノクロ写真のよう

 マイケルさんがキャンバスとしているのは何も木板だけではありません。黒曜石などの石の表面を太陽光の集熱で溶かして文字を刻んだり、黒曜石を溶かしてペンダントヘッドを作ったりなど、他の人が思いつかないような作品を手がけているのです。


レンズで太陽光を集熱させて描くアート 斬新なアイデア!


レンズで太陽光を集熱させて描くアート 太陽の熱から生まれた黒曜石のペンダントヘッド

 サンライト・アートは簡単に見えるようですが、高熱を扱うため基本的な知識がないままマネすることは危険だとマイケルさんは注意しています。彼は強い紫外線から身を守る保護服とサングラスを着用し、いつも消火器を携帯しているとのことです。

画像提供:マイケル・パパダキスさん(公式サイト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10