ニュース
» 2020年06月15日 17時35分 公開

中咽頭がん治療中のワッキー、全快願う千羽鶴に“変顔”で「がんばります」 武井壮も激励メッセージ

笑顔で退院する日を待っています。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーこと脇田寧人さんが6月15日、中咽頭がん快癒を願った千羽鶴が届いたことをInstagramで報告。うれしい知らせに、「ずっと待ってるからねー!」「無理せず、復活待ってます」など、応援の声が上がりました。

ワッキー 千羽鶴 中咽頭がん 千羽鶴片手にうれしそうなワッキーさん(画像はワッキーInstagramから)

 投稿されたのは、青、黄、赤、桃色など、色とりどりの千羽鶴を片手で持ち上げ、歯をみせて笑うワッキーさんの写真。頬には赤みがさし、表情も明るく、もう1枚の写真では眉を八の字にし、歯をむき出しにしたお得意の変顔まで披露するなど、元気そうな様子です。千羽鶴は「さちえさん」なる知人から贈られたようで、「ありがとうございました! がんばります」と、感謝の思いとともに闘病への意気込みをつづっていました。

ワッキー 千羽鶴 中咽頭がん おなじみの変顔にホッと一安心(画像はワッキーInstagramから)

 ワッキーさんは6月7日、ステージ1の中咽頭がんに罹患(りかん)していることを発表。治療に専念するため、6月8日から7月下旬まで入院予定としたところ、北海道コンサドーレ札幌の鈴木武蔵さんらプロサッカー選手や、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんら芸人仲間から応援メッセージが数多く寄せられていました。


 がんに明るく立ち向かうワッキーさんを見て、タレントの武井壮さんが「早く完全体になってください!」と励ましの言葉を贈った他、ファンからも「絶対に病気には負けないでください」「ワッキーなら大丈夫やし、みんなで戦ってるから」「また変顔見せてくださいね」など温かい声が集中。「顔色良さそうで安心しました」「病人にみえへん」と、元気そうな様子に安心する人も現れていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.