ニュース
» 2020年06月16日 08時30分 公開

【6年前の今頃は?】突然の死! マンボウを育てるゲームがTwitterで流行

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 6年前の2014年6月16日ごろ、すぐ死んでしまうマンボウを育てるゲーム「生きろ! マンボウ!」がじわじわと人気に。マンボウの死因を写したスクリーンショットがTwitterに多数投稿されていました。みんな疲れてたの?




 「生きろ! マンボウ!」は、マンボウをサイズアップさせて世界最大を目指す育成ゲームです。“すぐ死んでしまう”とネタにされがちなマンボウだけあって、こちらのゲームも大変シビア。「イカを食べすぎて消化できずに死ぬ」「体の寄生虫を振り払うために海面にジャンプしてその衝撃で死ぬ」「ウミガメにぶつかることを想像してパニックになり呼吸方法が分からなくなって死ぬ」など、斬新な死因で次々と“突然の死”を迎えてしまいます。

 ユニークな死因と“突然の死”テンプレートの面白さが受け、Twitterではマンボウの飼育にハマる人が急増しました。ちなみにマンボウ研究家によれば、本物のマンボウは割と強い生き物だそうで、ネットに出回っている「マンボウ最弱伝説」のほとんどは大きく脚色されたものなのだとか(関連記事)。よかった、はねただけで死んじゃうマンボウはどこにもいないんだ……!

 なお2017年には、配信元であるSELECT BUTTONが開発したポケモン公式アプリ「はねろ!コイキング」も公開され、たくさんのコイキングがピジョットに連れ去られました。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」