ニュース
» 2020年06月16日 15時50分 公開

3月〜5月でお酒が最も売れた日は? ローソンがアルコール販売動向を公開 外出自粛で需要が大きく変化

売れ筋にも変化が。

[ねとらぼ]

 コンビニエンスストアを展開する「ローソン」が、2020年3月から5月のアルコール販売動向を公開しました。期間中、最もお酒の販売金額が高かった日はいつなのでしょうか?

ローソン アルコール販売動向 ローソンブライベートブランドの「ゴールドマスター」 110円(税込、以下同)

 外出自粛要請や飲食店の休業や時短営業により、これまでとはこのなる動きが見られたという3月〜5月のアルコール販売動向。

 期間中に最も販売金額が高かったのは4月17日(金)でした。この日は緊急事態宣言の発令の翌日。これを受けて週末に家で飲むためにお酒を購入する人が増えたようで、直前の3週間の同曜日(3月27日、4月3日、4月10日)の平均と比較して、約2割の増加となっています。

 また、4月17日に最も販売額が多かった都道府県は東京都で、2位は大阪府、3位は埼玉県でした。通常時は、沖縄県の販売金額が他都道府県を大きく引き離して最も高く、東京都はそれに続く2位となっています。しかし、4月17日以降5月末までの間では、東京都は計4回も1位に。

 この結果は、繁華街の多い東京都でも、飲食店の休業や時短営業に伴い「家飲み」の需要が高まったことが原因と考えられます。


 このほか、外出自粛の期間が長くなるにつれ、人気のアルコール飲料にも変化があらわれました。これまでは販売高で「新ジャンル(ローソンPB除く)」が「高価格帯ビール」を押していましたが、4月13日〜5月4日には「高価格帯ビール」が上位に。

 外で飲食ができない中で、コンビニで手軽に手にはいるクラフトビールや輸入ビールなどで贅沢気分を味わいたい、変化を加えたいという人が増加したためと考えられます。

ローソン アルコール販売動向 ローソン、ナチュラルローソン、ポプラ限定のクラフトビール「僕ビール君ビール」 294円

 こうしたアルコールの販売動向に変化をもたらした大きな原因としてあげられるのが「オンライン飲み会」の流行です。

 ローソンの酒類担当者は、「オンライン飲み会は新しいコミュニケーション文化として根付くのではないかと予測しています。特に遠方の方と気軽に飲み会ができることに楽しさを覚えた方もいると思いますし、タレントを使ったイベントなども増えてくるのでは」と予測。飲み会に関してはすっかり定着したと言っていい「オンライン〇〇」ですが、今後もその動向が見逃せません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる