ニュース
» 2020年06月18日 17時00分 公開

おおお〜! 意外とお安い299万円から トヨタ、「新型ハリアー」発売 デザインが魅力の都市型SUV(1/3 ページ)

気になるグレードと価格、燃費、ネットの反応は?【写真31枚】

[志田原真俊,ねとらぼ]

 トヨタ自動車が新型「ハリアー」(関連記事)を2020年6月17日に発売しました。価格は299万円(税込、以下同)からです。

トヨタ ハリアー 新型 新型「ハリアー」(写真:トヨタ自動車、以下同)

 ハリアーは街中でも似合う都市型SUVの先駆けとして1997年に登場。4代目となる新型は、近年流行する流麗なフォルムを用いた「クーペSUV」スタイルを採用し、デザインがかなり洗練されました。レザーやウッド調の素材を多用した高級感のある内装に、後席まで柔らかい光が射し込む「調光パノラマルーフ」なども採用し、上質志向の需要にも応えます。

 設定グレードは「S」「G」「G “Leather Package”」「Z」「Z “Leather Package”」の5種類で、それぞれにガソリン/ハイブリッド、2WD/4WD仕様を用意。車両価格帯は299万円〜504万円と、ベーシックな「S」グレードは299万円からと同クラスのSUV型車種としては比較的安価な価格帯を実現します。

トヨタ ハリアー 新型 グレードと価格一覧

 ガソリン車は2リッターの「ダイナミックフォースエンジン」にダイレクトシフトCVTの構成、ハイブリッド車は2.5リッターガソリンエンジンにTHS II(トヨタハイブリッドシステム II)の組み合わせ。燃費性能(WLTCモード)は、ハイブリッド4WD車(E-Four)でリッター21.6キロ、ハイブリッド2WD車でリッター22.3キロです。

 安全運転走行支援機能は、同社の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を軸に、駐車場などでの低速走行時の衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」、前後ドラレコ機能付きのデジタルインナーミラーなどを搭載。スマートフォン連携(Apple CarPlay/Android Auto)に対応する大きな12.3インチのディスプレイオーディオ、ハイブリッド車には家電が使えるAC100V/1500W出力のアクセサリーコンセントを備えます。

トヨタ ハリアー 新型 クーペSUVスタイルの流麗なデザインに一新
トヨタ ハリアー 新型 最高級グレード「Z “Leather Package”」の内装


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.