ニュース
» 2020年06月20日 14時45分 公開

ギンギラしすぎだろ……! ロシアでLED電灯300個が生えたクルマ爆誕 闇を照らしすぎて自分の姿を見失う

サングラスを掛けながら運転する必要があるほどです。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 300個のLED電灯を使ってクルマを装飾したカスタムカーがロシアで誕生。ド派手すぎると話題になっています。

photo 300個のLED電灯を使ったカスタムカー(画像はYouTubeから)
Covering a car with 300 LED headlamp bulbs

 このカスタムカーを作ったのは、ロシアのカスタムカー系YouTubeチャンネル「Garage 54」。これまでも8輪車フィアット(関連記事)やガトリングガン型マフラーを搭載するクルマ(関連記事)などを作って、注目を集めている人気チャンネルです。

 彼らが作った新型は、ボンネットやルーフ、ドアなどにドリルで穴を開け、LED電灯を配置。ボディ全体にびっしりとLED電灯が生えている姿はちょっとしたホラーですね。

photo 穴開け作業の様子(画像はYouTubeから)
photo クルマ全体に開いた穴を開けてから(画像はYouTubeから)
photo 開けた穴にLED電灯を設置(画像はYouTubeから)

 電灯のスイッチが入ると、カスタムカーは闇を照らす光のクルマに大変身。街頭もない道でも周囲をくっきり照らしてくれます。いや、眩しすぎるだろ!

 案の定、ドローンを使って上空から見てみると、電灯の光が強すぎてカスタムカーが見えません。やりすぎだ。

 「Garage 54」のチャンネルでは、ドリルを使ってボディに穴を開けていく作業から、完成後の走行シーンまでをまとめた動画が公開されています。ほかにも面白い動画がたくさんあるので、興味がある人はチェックしてみては。

photo 夜に走るとこの存在感(画像はYouTubeから)
photo ドローンから見た時の様子(画像はYouTubeから)
photo 明るすぎて運転主はサングラスをかけています(画像はYouTubeから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.