ニュース
» 2020年06月25日 14時45分 公開

史上最強のV12ランボルギーニだと……!? サーキット専用怪物マシン「SCV12」ついに姿を現す (1/2)

自然吸気で830馬力!

[志田原真俊,ねとらぼ]

 アウトモビリ・ランボルギーニは、新型スーパーカー「SCV12」の開発が完了したと発表しました。2020年夏に正式発表します。

SCV12 ランボルギーニ 新型 新型スーパーカー「SCV12」のテストの様子(写真:アウトモビリ・ランボルギーニ、以下同)

 近年スーパーカーの世界にも電動化の波は迫っており、ランボルギーニも2019年に同社初のハイブリッド車「シアンFKP37」を発売しました。

 伝統のV12エンジンを搭載する純ガソリンエンジン車は、アヴェンタドールシリーズの高性能版として、2018年に登場した「アヴェンタドールSVJ」が最後になるとうわさされていました。

 アヴェンタドールSVJには最大770馬力を発揮する6.5リッター自然吸気のV型12気筒エンジンが搭載され、ニュルブルクリンク北コースの市販車最速タイムを記録するなど、伝説の名車「J(イオタ)」の名を冠する限定モデルとして、ランボルギーニ車の最強の一角を担うスーパーカーでした。

SCV12 ランボルギーニ 新型 (参考)V12ランボ最強の「アヴェンタドールSVJ」

 しかし、ランボルギーニはそれを超えるモンスターマシンを作り出そうとしています。それが開発完了が明らかになった「SCV12」です。

 SCV12はサーキット向けに開発され、自然吸気のまま最大830馬力へとパワーアップしています。シーケンシャル式の6速ギアで、後輪駆動を採用しました。

 高速域で受ける強烈な走行風を取り込んでターボのような効果を得る「ラムエアシステム」を搭載するほか、詳細は明らかになっていませんが空力効率もGT3カーを超えるそうで、これまでのランボルギーニ製スーパーカーの中でもトップクラスの性能になるとみられています。なにせランボルギーニ自ら「ハイパーカー」と呼んでいるほどですからね。スーパーを超えちゃったよ。

 現在はテストマシンの写真が数点、YouTubeに動画が公開されているのみで、より詳しい情報は2020年夏に予定している正式発表で明らかになる見込みです。

SCV12 ランボルギーニ 新型 (参考)V10ランボ最強の「ウラカン ペルフォルマンテ」は770馬力
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.