ニュース
» 2020年06月25日 16時30分 公開

京アニ新作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公開決定 声優・石川由依「笑顔でこの日を迎えられますように」と祈り

ついに……!

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 京都アニメーションが制作を手掛けるアニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場公開日が9月18日に決定。併せて、同作の主題歌「WILL」が流れる本編予告映像も公開されました。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション 9月18日に決定した「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」本予告

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、“自動手記人形”と呼ばれる代筆業に従事している主人公の成長を描いた物語で、暁佳奈さんによる日本のライトノベルが原作。2018年1月にテレビアニメが放送され、完全新作となる劇場版は当初2020年1月公開予定でしたが、2度延期されていました(関連記事)。

 同作では、大切な上官であるギルベルト・ブーゲンビリアが、どこかで生きていることを信じ、ただ彼を思う日々を過ごすヴァイオレットの姿が描かれます。ギルベルトの兄・ディートフリートから彼のことを忘れるよう言われても、「忘れることは、できません」と答えるヴァイオレット。そんな彼女が少年から代筆を依頼される一方で、郵便社の倉庫では宛先不明の手紙が見つかります。

 製作委員会は、購入済みの前売券ムビチケカード(「2020/1/10公開」「2020/4/24公開」と記載されたもの)を9月18日以降の上演でも利用できるとしており、公式サイトとTwitterを通じて、「公開が迎えられました折には、どうぞ皆様お誘いあわせの上、作品をお楽しみいただけますと幸いです」と、ファンにメッセージを送っています。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション

 劇場公開日が決まったことを受け、ヴァイオレットの声を務めている石川由依さんはTwitterを更新。「生きて、生きて生きて、笑顔でこの日を迎えられますように……!」と、強い願いを込めて公開日を告知しています。また、ファンからは、「心からこの日を待ち望んでいました……!」「困難な状況の中でご尽力くださり、心から、ありがとうございます」と、歓喜の声や、キャストとスタッフへの感謝の言葉が寄せられています。


フォトギャラリー


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーションヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション


ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版 京都アニメーション

ストーリー

 ――あいしてるってなんですか?

 かつて自分に愛を教え、与えようとしてくれた、大切な人。会いたくても会えない。永遠に。手を離してしまった、大切な大切な人。

 代筆業に従事する彼女の名は、〈ヴァイオレット・エヴァーガーデン〉。幼い頃から兵士として戦い、心を育む機会が与えられなかった彼女は、大切な上官〈ギルベルト・ブーゲンビリア〉が残した言葉が理解できなかった。

 ──心から、愛してる。

 人々に深い傷を負わせた戦争が終結して数年。新しい技術の開発によって生活は変わり、人々は前を向いて進んでいこうとしていた。

 しかし、ヴァイオレットはどこかでギルベルトが生きていることを信じ、ただ彼を想う日々を過ごす。

 ──親愛なるギルベルト少佐。また今日も少佐のことを思い出してしまいました。

 ヴァイオレットの強い願いは、静かに夜の闇に溶けていく。

 ギルベルトの母親の月命日に、ヴァイオレットは彼の代わりを担うかのように花を手向けていた。ある日、彼の兄・ディートフリート大佐と鉢合わせる。ディートフリートは、ギルベルトのことはもう忘れるべきだと訴えるが、ヴァイオレットはまっすぐ答えるだけだった。「忘れることは、できません」と。

 そんな折、ヴァイオレットへ依頼の電話がかかってくる。依頼人はユリスという少年。一方、郵便社の倉庫で一通の宛先不明の手紙が見つかり……。


(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.