ニュース
» 2020年07月01日 18時43分 公開

「俺が1番下っ端」「NEWSの現場が嫌いだった」 手越祐也がデビュー当時を赤裸々告白 原動力は“歌”

ジャニー喜多川に認められた“歌”を原動力に奮闘

[百合野綾,ねとらぼ]

 元NEWSの手越祐也さんが6月29日、YouTubeチャンネルに動画を投稿。ジャニーズ事務所に所属していたときには語ることができなかったデビュー当時の裏話を明かし、ファンからは「胸が熱くなった」「真っ直ぐなところがすてき」「繊細で純粋な人ですね」などの反響が寄せられています。

「好きなことで、生きていく『手越祐也』」
手越祐也 NEWS ジャニーズ 「赤裸々の手越祐也を見てほしい」と手越さん(画像は手越祐也YouTubeチャンネルから)

 ジャニーズ事務所を退所し「何を話してもOKになった」という手越さんは、過去の自分について説明。幼いころに両親が離婚し、シングルマザーの母親に育てられてきた手越さんは、15歳の頃にジャニーズ事務所のオーディションを受けて合格。その後、約10カ月という短期間で、NEWSのメンバーとして選出されたそうです。「周りは思うよね。10カ月で入ってエリートだと」と周囲の反応を話した一方で、「それはそれでね、つらいことがたくさんある」と苦労を語っていました。

 小学校や中学校ではクラスで目立つ存在だったそうですが、NEWSに入ると「あら、びっくり」「俺が一番下っ端。人気もない」とどん底の気分を味わったそう。結成当初9人だったNEWSでの仕事は、「みんなでフォーメーション組んで、ジャケ写とか撮ったら、俺は欠席者みたいな席。小窓みたいなところにいるだけ」と回顧。

手越祐也 NEWS ジャニーズ ジャケ写つらい(画像は手越祐也YouTubeチャンネルから)

 また、当時の雑誌取材では、元メンバーの山下智久さんと錦戸亮さんにだけ指示が飛び、他のメンバーには「『その他なんかもう適当に』みたいな」扱いだったことを振り返り、「9人いたからさ、俺だけなんか文字かぶっちゃったりするんだ、雑誌の(笑)。頭の後ろに文字とかあるんだよ」などとぶっちゃけました。

手越祐也 NEWS ジャニーズ 雑誌の割れ目に写る自分を再現(画像は手越祐也YouTubeチャンネルから)

 こうした出来事が重なり、それまでチヤホヤされてきた人生とのギャップを感じた手越さんは「NEWSの現場が嫌いだった」と本音を吐露。それでも、負けず嫌いな性格から「絶対いつかセンターになりたい」と諦めなかったといいます。NEWSに選ばれた際、ジャニー喜多川さんからは「YOUがジャニーズがあんまり歌を歌えないイメージを変えてほしい」と期待を寄せられたことも明かし、歌唱スキルを伸ばすことを決意したのだと語りました。

手越祐也 NEWS ジャニーズ 言葉に力が入る手越さん(画像は手越祐也YouTubeチャンネルから)

 高校生の頃は、ボイストレーニングのレッスンを受けて少しずつ成果が出始め、NEWSの楽曲「星をめざして」で初めて山下さんと2センターを取ることができたとのこと。「やっと認められたんだよ。歌割りも増えてね。こんだけソロパートがもらえるって本当にうれしくて」と当時を振り返り、「努力っていつかはかなうんだな」と実感したことを明かしています。

手越祐也 NEWS ジャニーズ 念願……!(画像は手越祐也YouTubeチャンネルから)

 その後、「NEWSは順風満帆にはいかなかった」とメンバーが4人になったことにも触れ「俺らNEWSっていうグループは一番苦労したといっても過言ではないグループ」と語り、多くのファンに囲まれてきた一方で、「めちゃめちゃ挫折してきた」とこれまでの苦労をのぞかせていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」