ニュース
» 2020年07月02日 18時39分 公開

白いティラノサウルスがしっぽをふりふりトコトコ 手作り恐竜「うちのシロ」動画に癒やされる

中の人に話を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ある日曜日、白くて小さいティラノサウルスがのどかな村に登場。しっぽを揺らしながらトコトコ歩く様子がかわいいと、ネットに癒やしをもたらしています。


シロ ギョロッとした目玉もかわいいっ

 この恐竜は、手作りプラネタリウムなどを製作しているヒゲキタ(@higekita1YouTube)さんが手作りし、「うちのシロ」と名付けた外骨格。作者自身が中に入って動かせます。編集部が詳細を聞いたところ、製作の原点は子どものころの工作にありました。

 ヒゲキタさんが子どもだったころ公文が出していたペーパークラフトのティラノサウルスを作り、「拡大コピーして段ボールで作ったら、もっと大きいのが作れる」と考え、もう1冊買って5倍サイズで作りました。そして同じシリーズのゴジラを作るうちに、「着ぐるみ化できるのでは?」と思いついたといいます。


 足の構造が恐竜と人間で違うので難しいかもしれない……と一時は諦めていましたが、「ジュラシック・パーク」のヒット以降、恐竜のリアルな着ぐるみが世に出始めたことで製作意欲が再燃。暇ができたら作ろうと思っていたところに、新型コロナウイルスの影響でスケジュールが空き、「うちのシロ」に着手したそうです。


 製作の出発点は、やはりペーパークラフト。想定サイズの5分の1で紙のティラノサウルスを作り、ばらして展開図を5倍に拡大し、あらためてプラ板で作り始めました。のりしろは作らず、部品に穴を開けて結束バンドで留めて組み立てているそうです。


シロ 5分の1サイズで設計図を作成

シロ 紙による試作品をベースに実寸の型紙を作る

 胴体は使い古したバックパックのアルミフレームを流用し、プラ板で覆う形で作成。ヒモで口を開閉させる仕掛けを作ったり、しっぽが揺れるよう複数のパーツで組んだり、足が身体と干渉しないよう工夫したりと、苦心を重ねて約1カ月で作り上げました。完成形は全長4.5メートルで、総重量12キロ。材料費は1万円程度とのことです。


シロ 全体の組み立て風景

シロ 頭部はアゴが上下に動くよう設計

シロ 完成も近い

シロ 目玉はぬいぐるみに用いられる「動眼」風に作ってコミカルに

完成、そして動作テスト。いい感じに歩けた!

 こうしてできた「うちのシロ」は分割すればワンボックスカーに積んで運搬し、30分ほどで組み立てて装着可能。のぞき窓はいくつか開けたものの視界は悪く、動くときは人や物にぶつからないよう、案内人の補助がいるそうです。

 使い方については、「白いプラ板は光が透けるので、内側にLEDを仕込めば、演出や宣伝にも使えるだろう」とヒゲキタさん。今後は公園などに出没し、イベントなどにも出演したいと語りました。

画像提供:ヒゲキタ(@higekita1YouTube)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声