ニュース
» 2020年07月08日 09時00分 公開

鳥取駅「しいたけ弁当 素晴ら椎茸(1200円)」〜コロナ禍における駅弁屋さん達の素晴らしい取り組み!

肉厚な椎茸をかみしめれば、ジュワッと煮汁と共に椎茸のうま味がたっぷり。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

駅弁 キハ126系気動車・快速「とっとりライナー」、山陰本線・鳥取駅(2014年撮影)

鳥取県にある4つの市のうち、山陰本線沿線にある鳥取・倉吉・米子の各都市を1時間40〜50分程度で結ぶ快速「とっとりライナー」。

一部の「とっとりライナー」は、米子の先、島根県内に入って出雲市まで直通しています。

鳥取〜米子間には、「スーパーまつかぜ」などの特急列車と合わせ1時間に1本程度の速達列車が運行されており、鳥取県内の“横のつながり”に貢献しています。

駅弁 アベ鳥取堂ウェブサイト

“横のつながり”という意味では、コロナ禍のなか、鳥取駅弁「アベ鳥取堂」が行った「駅弁お取り寄せ便」という取り組みに、大変興味を惹かれました。

これは毎週水曜日に、西日本を中心に各駅弁屋さんの名物駅弁を「アベ鳥取堂」が注文を受け付け、ネット予約した鳥取県内にお住まいの皆さんに宅配するサービス。

ピンチにおける、駅弁屋さん同士が助け合う取り組みは、とても素晴らしいですね。

駅弁 しいたけ弁当 素晴ら椎茸

そんなアベ鳥取堂の“素晴らしい”駅弁といえば、「しいたけ弁当 素晴ら椎茸」(1200円)。

土・日の夜あたりによく放送されていた、アイドルの“だじゃれ”ネーミングな番組を聴いて育ってきたラジオ大好きな皆さんには、きっと“刺さる”素晴らしい駅弁名だと思います。

パッケージに躍る“ジャンボ115号椎茸”とは、鳥取の日本きのこセンターで生まれたブランド椎茸「とっとり115」のことで、干ししいたけでは「特小厚以上」という規格があります。

(参考)鳥取県ホームページほか

駅弁 しいたけ弁当 素晴ら椎茸

【おしながき】

  • 山椒炊き込みご飯 錦糸玉子
  • 干ししいたけ(ジャンボ115号)醤油煮
  • 鶏肉醤油煮
  • 筍の土佐煮
  • 人参醤油煮
  • きゅうり酢漬け
駅弁 しいたけ弁当 素晴ら椎茸

木に1つ1つ穴を開け、菌を植え込み、手間をかけて大切に育てる原木栽培で生産され、特別に厚く、大きな椎茸「とっとり115」。

干し椎茸を使うのは、生しいたけより栄養価が高まり、味もぐっと美味しいからだそう。

肉厚な椎茸を噛みしめれば、ジュワッと煮汁と共に椎茸のうま味がたっぷり感じられます。

ピリッと引き締める山椒ご飯と合わせていただくことで、心地よくいただくことができます。

駅弁 115系電車・普通列車、山陰本線・出雲市〜直江間(2018年撮影)

いまも鉄道の非電化区間が多い鳥取県ですが、伯備線・倉敷〜伯耆大山間、山陰本線の伯耆大山〜西出雲間は電化され、岡山方面から「電車」がやって来ます。

普通列車で活躍するのは、主に黄色い2両編成の「115系」電車。

「とっとり115」の肉厚な椎茸駅弁を頬張った後は、さらに西へ足を伸ばして、山陰地方のJR線では希少な「電車」の旅を楽しんでみるのもアリかもしれませんね!?

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響