ニュース
» 2020年07月09日 19時30分 公開

梅雨×マスクの日々、肌ケアとべたつき対策はどうすればいい? 梅雨を乗り切るための美容TIPS【肌&ボディケア編】

ただでさえ大変な梅雨、マスクがあってさらに大変!

[かいじんちゃん,ねとらぼ]

 梅雨の時期は湿気でメイクが崩れやすい美容の大敵シーズンですが、さらに今年はマスクの着用も加わって、ますます悩みが増える時期です。梅雨を少しでも快適に過ごすためのテクニックをコスメコンシェルジュのライターが解説します。

湿気とマスクの合わせ技に勝つ!

梅雨の時期のケア

 今年と例年の梅雨の大きな違いは感染症対策のため「マスクをつけている」こと。

 冷感素材やドライ素材などのマスクも発売され始めましたが、不織布などの一般的なマスクを使っている方が多いのではないでしょうか。メイク崩れや暑さを防いで、少しでも快適に過ごすため、アイテムを使った工夫を紹介します。

メイク崩れ

 マスクを着けているときに気になるのはやはりメイク崩れ防止。ここで活躍するアイテムは「仕上げミスト」です。クールタイプのミストなどもありますが、冷蔵庫で冷やしておいたものをメイクの仕上げにスプレーするとひんやりして気持ちがよく、メイクもより崩れにくくなります。マジョリカ マジョルカの「モイストカクテルフィクサー」がプチプラで使いやすいアイテムです。

 ファンデーションのスポンジを冷やしたミストで湿らせて使うのもおすすめです。

日焼け対策

 また盲点になりがちなのが日焼け。マスクはUVカットの素材でない限り紫外線を通してしまうので、日焼け止めもしっかり塗りたいところ。くもりの時でも実は紫外線は我々に降り注いでいるのです……。

 資生堂エリクシールの「おしろいミルク」の色付きタイプは1本で高い日焼け止め効果(SPF50/PA++++)に加えて、薄付きのファンデーションを塗ったような仕上がりになるので朝の時短にもなり、また崩れにくいため筆者イチオシのアイテムです。

全身べたつく!

梅雨の時期のケア

 梅雨の時期はムシムシしていて、気が付くと全身が汗でベタベタしがち。べたつき対策は、ボディ用のふき取りシートがグッドです。

 スースーしすぎたり、香りや刺激が強かったりするものが苦手な方におすすめしたいのは「アユーラ」のボディシートです。しっかりした素材で気になる部分をしっかりふき取れ、スースーしすぎないイチオシ。ほのかなハーブの香りが気分をリラックスさせてくれます。

 また、朝起きたときの体のべとつきも気になる季節。

 シャワーを浴びる時間がない時は、ミストタイプのデオドラントスプレーがオススメです。背中や胸元などにスプレーするとさっぱりとしてシャワーを浴びたあとのような爽快感があります。また、冷感タイプを選べばより汗が引きやすく、さっぱりと過ごせます。

 ムシムシした梅雨が明けたら夏。今年の夏は「全国的に平年並みか高い」予想が出ており、美容にも厳しい時期が続きます。便利アイテムを活用して、少しでも快適に過ごしたいですね!

かいじんちゃん:CSCA認定16タイプ・パーソナルカラーアナリスト、コスメコンシェルジュ、顔分析鎌田塾メイクアップアーティストコース卒業の化粧オタク兼地下アイドルオタク。会社員をやりながら、日々好きなアイドルに似合うメイクと色を勝手に研究している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.