ニュース
» 2020年07月10日 18時00分 公開

まさかの公式かよ!? ボンドカーを完全再現したアストンマーティン「DB5」特別モデル登場、007風ギミック満載 (1/2)

生産台数は25台限定となっています。

[鈴木伊玖馬,ITmedia]

 アストンマーティンが歴史的な名車「DB5」の再生産を発表し、007風のギミックを付けた特別モデル「DB5 ゴールドフィンガー」を発売します。生産台数は25台限定。

photo アストンマーティン「DB5 ゴールドフィンガー」(写真:アストンマーティン、以下同)

 アストンマーティン「DB5」は、1963年から1965年にかけて製造していた高級スポーツカー。映画「007」シリーズ第3作目「ゴールドフィンガー」などで、主人公のジェームズ・ボンドの専用車(ボンドカー)として登場(関連記事)しており、歴代アストンマーティン車の中でも特に高い知名度があります。

photo 上から見たDB5 ゴールドフィンガー

 そんなボンドカーを再現したのが「DB5 ゴールドフィンガー」です。このためにDB5を再生産し、007らしいギミックを搭載した特別仕様です。

 フロントのフォグランプの下には機関銃を模したモデルガンを配置。起動させると、カタカタと発砲アクションをみせます。リアには、可動式の防弾シールドやスモークマシンなどを装備しており、ナンバープレートはクルクルと回転して、フェイクナンバーを表示できるようになっています。

photo フロントに仕込まれたモデルガン
photo リアに配置してあるリアシールド
photo ナンバープレートは回転して切り替えられるようにしています

 内装には前方座席にはレーダー型スクリーンを搭載。運転席ドアには今や見かけることの少ない黒電話を配置し、シートの下には隠し武器を収納するトレイも用意されています。

photo 前方座席に置かれたレーダー型スクリーン
photo 運転席ドアに収納してある黒電話

 このDB5のパワートレインには最大294馬力を出力する4.0リッター直列6気筒エンジンを搭載。5速MTを組み合わせています。ただし、さまざまなカスタムが施されているため、公道走行は不可となっています。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」