ニュース
» 2020年07月13日 19時00分 公開

【漫画】おうち時間で気付いた「もうコロナ前には戻れない」 その理由に「わかる」「わたしも」と共感集まる

自分のことも色々見えた数カ月だったかもしれない。

[林美由紀,ねとらぼ]

 コロナ禍のおうち時間で気づいた大切なことを描いたエッセイ漫画「コロナ前には戻れない…と思うこと」に「わかる」「私も」の声が集まっています。作者は漫画家の竹内絢香(@ayakatakeuchi56)さんです。


コロナ前には戻れない…と思うこと05 もうコロナ前には戻れない。


 緊急事態宣言が解除されて1カ月以上がたち、以前の生活に戻りつつありますが、作者の竹内さんは「もう、コロナ前には戻れない」と感じているそうです。なぜなら人と会わない時間が続いたことで、自分自身を大切にする心地よさを知ってしまったから。


コロナ前には戻れない…と思うこと01

コロナ前には戻れない…と思うこと02

 自粛期間中に家にいる時間が長くなり、部屋着の穴や気に入っていないお皿など、今まで気にならなかったことを不快に感じるようになった竹内さん。新しい服を買い、お客さん用のお皿を日常使いにしたことで、思っていた以上に機嫌が良くなる自分に気付きました。

 今までは「外」から見えるところを優先し、他人から見えない部分は後回しにしてきた竹内さんですが、人と会う機会が減ったことで、自分自身の感覚と向き合えるようになったのです。


コロナ前には戻れない…と思うこと03

コロナ前には戻れない…と思うこと04

 コロナで世間に対する意識が薄れたことで、他人には関係ない自分だけの快・不快を意識し、自分を大切する心地よさを知った今、もう「外が最優先だった」以前のような生き方には戻れない気がする、とつづっています。

 こちらはABEMA TVのニュース番組「ABEMAヒルズ」とコラボレーションして描き下ろされた漫画です。自粛期間中はいや応なしに家にいる時間が長かった為、今まで目をつぶっていた家や生活のこと、自分自身のことに目を向ける時間がありました。それぞれが快適さや幸せを追求した結果、大きな気付きを得た人は多いかもしれませんね!

 漫画の読者からは「自分に意識がいくようになる感覚、すごくわかります!」「私もお皿やカップをお客様レベルの気に入りもの使ったりしていて『自分を持てなす』ようになりました。もう元には戻れません」「多くの人が感じたであろうこの感覚を日常の中で忘れずにいられると、世界が少し幸せになれそうですね」など多くの共感を得ています。



 作者の竹内絢香(@ayakatakeuchi56)さんはコミックエッセイを多数公開。2月に発売されたばかりの新刊『がんばらなくても死なない』は、人生をがんばりすぎている人の疲れた心に寄り添います。



画像提供:竹内絢香(@ayakatakeuchi56)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」