ニュース
» 2020年07月12日 14時00分 公開

浮世絵に描かれた「江戸の食」を紹介する「おいしい浮世絵展」開催 レストランとコラボして再現料理も提供

「おいしい浮世絵展 〜北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい〜」が7月15日から9月13日に開催。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 「江戸の食」がテーマの展覧会「おいしい浮世絵展 〜北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい〜」が、森アーツセンターギャラリー(東京・六本木)で7月15日から9月13日に開催されます。六本木ヒルズ内をはじめとする東京都内の飲食店や展覧会の特設ショップでは、展示される浮世絵や江戸のグルメにちなんだメニューや商品が登場します。


おいしい浮世絵展 ポスターになっているのは歌川国芳による「春の虹蜺(こうげい)」

 同展覧会は、浮世絵のなかにも登場する、江戸っ子が楽しんだ食材や料理法を紹介。江戸の食を描いた浮世絵作品や、当時の料理書なども見られます。

江戸のグルメを追体験

 ミュージアムカフェのCafe THE SUNでは、江戸の食づくしの「おいしい浮世絵展御膳」(税込1680円)、歌川国芳の「春の虹蜺」に描かれている串付きの鰻がメインの「『春の虹蜺』御膳」(税込1880円)や国芳による「名酒揃 志ら玉」をイメージした「白玉」(フードかデザートを注文し+400円で追加可能)、東海道五十三次に関連する7種の日本酒から3種が選べる「利き酒セット3種」(税込1300円)が提供されます。


おいしい浮世絵展 町人文化が栄えた文政年間(江戸時代後期)のグルメ、卵とじ丼、豆腐田楽、海老の天麩羅、水菓子のスイカなどが盛り込まれた「おいしい浮世絵展 御膳」


おいしい浮世絵展 「春の虹蜺」御膳では江戸時代も人気だったという鰻が主役


おいしい浮世絵展 名酒揃 志ら玉 歌川国芳、江戸ガラス館蔵


おいしい浮世絵展 追加オーダーで食べられる「白玉セット」


おいしい浮世絵展 チョイ飲みにピッタリな「利き酒セット3種」

 六本木ヒルズ内では15店舗(※)が展覧会とタイアップ。「天蒼々」では鰻や江戸前の魚介、旬の野菜の天ぷらをのせた「鰻入り江戸前天丼」(税込3300 円)、「鰻處 黒長堂」は鰻の蒲焼きと白焼きをのせた「紅白重」の「紅白うな重セット」(税込6000円)、「澄まし処 お料理 ふくぼく」では、江戸中期から食べられていたという揚げ出し豆腐を含む和食3品の「江戸の味わいコース」(税込、サービス料込4598円)、「吉祥菓寮」では和と洋の食材による限定50食の「焦がしきな粉パフェ」(税込1320円)といったオリジナルのメニューが展開されます。

※当初16店舗としておりましたが実施できなくなった店舗があるため修正しました。また当初「Restaurant THE MOON」でもコラボとしておりましたが、実施できなくなったため修正しました


おいしい浮世絵展 ボリューム満点「鰻入り江戸前天丼」


おいしい浮世絵展 う巻き、塩アイスも付く「紅白うな重セット」


おいしい浮世絵展 割烹のお店による「江戸の味わいコース」


おいしい浮世絵展 きな粉とバニラアイスで、豆乳ブラマンジェとほうじ茶ゼリーをはさんだ「焦がしきな粉パフェ」

 ギフトエリアでは「銀座 松崎(※崎は正式にはたつさき)煎餅」が、展覧会の絵を刻印した瓦煎餅「浮世絵三昧胴」(税込465円)を会期中250袋で限定販売。ほかに「和菓子 結」「菓子の記録帖」「烏鶏庵」を含めた12店舗で展覧会にまつわる商品を取り扱います。タイアップ店舗の対象メニュー購入で、展覧会オリジナルのポストカードがもらえます。(グランドハイアット東京や、Cafe THE SUNを除くタイアップレストランも対象)。


おいしい浮世絵展 卵のコク、やさしい甘み、心地よい食感が感じられるという瓦煎餅「浮世絵三昧胴」


おいしい浮世絵展 和菓子 結


おいしい浮世絵展 菓子の記録帖


おいしい浮世絵展 烏鶏庵

 グランド ハイアット 東京でも、江戸の食に関連したメニューが多数登場します。ステーキハウス「オーク ドア」で提供されるのは「ジャイアント浮世絵抹茶バーガー」(サービス料別、税別2万円)。抹茶を使った直径23センチ、総重量2キロのグルメバーガーです。唐揚げバーガーやフィッシュバーガー、3種の和風チーズケーキの「アフタヌーンティーセット」など他にもユニークなメニューを提供。江戸前寿司「六緑」には、江戸時代の「ファストフード」とも言われる寿司を当時の人気ネタや調理方法で再現した「浮世絵握りランチセット」(サービス料別、税別4200円)が登場します。


おいしい浮世絵展 「ジャイアント浮世絵抹茶バーガー」は 6〜8人でシェアするのがオススメ。3日前に要予約


おいしい浮世絵展 「浮世絵握りランチセット」の玉子焼きには「おいしい浮世絵展」の焼き印が押されています。展覧会観覧券チケットを見せると、お抹茶(一杯)のサービスも

日常に展覧会の感動をお持ち帰り。ユーモア&歴史感じるグッズ

 展覧会の特設ショップも、展示された絵にちなんだ商品が盛りだくさんです。特製ポーチは「名酒揃 志ら玉」(予定価格、税込1650円)、「太平喜餅酒多多買」(予定価格、税込1540円)は、どちらも幅20センチを超えるたっぷり入るポーチ。展覧会のロゴが押印された2サイズの「特製檜しゃもじ」(ふつう:予定価格、税込880円、 特大:予定価格、税込3960円)と「特製檜まな板」(予定価格、税込7700円)はキッチンがヒノキの良い香りになりそうです。


おいしい浮世絵展 「名酒揃 志ら玉」が普段持ち歩けるポーチに


おいしい浮世絵展 「太平喜餅酒多多買」をプリントしたポーチ

 イラストレーター山田全自動さん描き下ろしのイラストが施された「特製1合とっくりとおちょこセット」(予定価格、税込1980円)や、浮世絵にも登場する創業500年を超える蔵元「剣菱」の枡セット(予定価格、税込1210円)などお酒を飲みながら楽しめるグッズも。江戸で人気の料理屋や菓子屋、屋台など飲食店を並べた飛びすごろく「新版御府内流行名物案内雙六(しんぱんごふないりゅうこうめいぶつあんないすごろく)」(予定価格、税込935円)もあります。


おいしい浮世絵展 「檜しゃもじ・まな板」特大しゃもじはなんと45センチ


おいしい浮世絵展 山田全自動さんが描く人物の表情がなんとも言えない「特製1合とっくりとおちょこセット」


おいしい浮世絵展 「黒松剣菱180mlオリジナル枡セット」現代へと続く伝統を感じつつ一杯

 現代にも通じる豊かな江戸時代の食文化や、それを味わう江戸の人びとの様子が感じられるようなフードやグッズのラインアップ。観覧前に気分を盛り上げたり、観覧後に浮世絵の世界を追体験できそうですね。

※入場は日時指定の予約制で、「日時指定入館券」が必要。一般1800円、大学生・高校生1300円、小学生・中学生800円。詳細は公式サイトで確認できます。


(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー