ニュース
» 2020年07月16日 15時00分 公開

ワイルドすぎるお姿たまらんぜ……! フォード、新型「ブロンコ」発表 24年ぶりに復活 (1/3)

日本でも発売してほしすぎるカッコよさです。

[松本健多朗, ねとらぼ編集部,ねとらぼ]

 24年の時を経て、あのブロンコが復活! 米国フォードが7月13日(現地時間)、小型SUVの新型「ブロンコ」を発表しました。

フォード「ブロンコ」(写真:フォード モーター、以下同) フォード「ブロンコ」(写真:フォード モーター、以下同)

 ブロンコは1965年に登場した小型〜中型サイズのSUV/クロスカントリー車。1996年に一時生産を終えましたが、1977年まで生産された初代のアーリーブロンコはデザインの良さからファンも多く、日本でもカスタムベース車として程度のよい当時の個体はかなり高額に取引されることでも知られます。

 新型ブロンコのコンセプトは「Built Wild」。伝統的なブロンコのスタイルやエンジニアリング、走破性など、アウトドアファンが人里離れた場所で冒険できる機能を惜しみなく備えたとうたいます。ワイルドですねー。

本格的なオフロード走行にも対応した車体 こんな場所も朝飯前、ってほどの走りっぷり
フォード「ブロンコ」 新型ブロンコ(左)と初代ブロンコ(右)
新たにロングな4ドアモデルも設定 2ドアのほか、ロングな4ドアモデルも用意
ルーフは丸ごと外せてしまう ルーフは丸ごと外せてしまう

 外観は、初代ブロンコの直線的なワイルドスタイル、丸目2灯の面影を残しつつも、ネオレトロというかちょっとマッチョな現代風デザインに刷新。ドアやルーフを丸ごと取っ払えてしまえる着脱機構も設けます。

 車体はもちろんラダーフレーム構造(関連記事)で、2輪駆動と4輪駆動を切り替えるオートモードのある電子制御型も含めた2種類の四駆システムから選択可能。荒れたボッコボコな路面など何のその、水深33.5インチ(約85センチ)までなら「川渡り」できてしまうという走破性能を持ちます。

 最大出力は、上位の2.7リッターV6エコブーストガソリンエンジン搭載モデルで最大出力310馬力(228kW)、最大トルク55.2kgf-m(542Nm)。7速MTか10速ATを選択できます。

ブロンコ独自のG.O.A.T.モードを備えたテレインマネジメントシステムを採用 ブロンコ独自のG.O.A.T.モードを備えたテレインマネジメントシステムを採用

 発売は米国市場で2021年初頭を予定。価格は2ドアベースモデルで2万9995ドル(約320万円)からです(※日本未販売)。





※価格は記事掲載時点のものとなっています

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.