ニュース
» 2020年07月17日 14時30分 公開

待ってました! 250cc 4気筒の新型ニンジャ「ZX-25R」9月10日発売 ブッ飛び高回転型エンジン、キター(1/2 ページ)

お値段82万5000円から、ひょぇぇ!

[志田原真俊,ねとらぼ]

 川崎重工業は7月17日、中型スポーツバイクの新型「Ninja ZX-25R」の発売日を発表しました。発売日は2020年9月10日、価格は82万5000円(税込、以下同)からです。

カワサキ ニンジャ ZX-25R Ninja ZX-25R SE KRT EDITION(ライムグリーン×エボニー)(写真:川崎重工業、以下同)
カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R カワサキ ニンジャ ZX-25R

 Ninja ZX-25Rは、250ccエンジンを搭載したフルカウルスポーツバイク。近年では各社のラインアップから姿を消して久しい、250ccの「並列4気筒エンジン」を完全新規設計で開発し、搭載するのが何よりの注目ポイントです。

 2019年の東京モーターショーで大々的に発表し、レーサーレプリカ全盛期を思い出すクオーターマルチに最新技術を組み合わせた「本気の中型スポーツバイク」として大きな注目を集めました(関連記事)

カワサキ ニンジャ ZX-25R 1万5000rpmまでぶん回してピークパワーを発揮する高回転型エンジンを搭載
カワサキ ニンジャ ZX-25R Ninja ZX-25R SE(メタリックスパークブラック×パールフラットスターダストホワイト)

 新開発の250cc 4発エンジンは、毎分1万5500回転でピークパワーを発揮するワックワクな超高回転型。モンスター級の最強モデル「Ninja H2」にも通じるラムエア機構による加圧で最大46馬力を発生します。軽量トレリスフレームを採用して装備重量は標準モデルで約183キロと、4気筒化による重量増加を抑えました。

 足回りも、250ccクラスで初採用とするフロントサスペンションシステム「SFF-BP」や、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションで固めて、本格的なスポーツ走行に対応。

 さらに「KTRC(カワサキトラクションコントロール)」などのクラスを超えたハイテク装備も盛り込み、上位モデルのNinja ZX-25R SE KRT EDITION/Ninja ZX-25R SE(91万3000円)には、アップダウン両対応でオートブリッパーまで備えた「KQS(カワサキクイックシフター)」を装備します。

 高回転型エンジンいいなぁぁ! 価格も少しびっくりですが、シングルやパラツインが主流である現250ccスポーツモデルの勢力図も少し変わりそうです。

カワサキ ニンジャ ZX-25R Ninja ZX-25R(メタリックスパークブラック)
カワサキ ニンジャ ZX-25R Ninja ZX-25R 詳細仕様(画像:カワサキモータースジャパンWebサイト)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」