ニュース
» 2020年07月18日 07時30分 公開

「〇〇で真っ先に死ぬタイプの体育教師」のはずが、持ち前の「圧」でゴリ押ししてしまう漫画が斜め上の超展開に(1/2 ページ)

熱血漢に「ありがちな展開」さえも無視する。

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 学園に異形の生物が現れたり、能力者たちがバトルする漫画の「あるある」を、真っ向から無視する体育教師を描いた作品の破壊力がすごいです。作者は、酒井大輔@漫画描く人(sakai0129)さん。


体育教師 ほら、よく見てよ……



 主人公は、ゴリ先(ゴリラ先生)と呼ばれる体育教師。一連のシリーズは「○○で真っ先に死ぬタイプの体育教師」というタイトルで投稿されており、第1作目は「『学園パニックもの』で真っ先に死ぬタイプの体育教師」でした。


学園パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師

 とある私立高校の正門で、ゴリラ先生は登校する生徒の持ち物チェックをしています。女子生徒が携帯ゲーム機を持ってきたのを見つけると、没収のうえ、きつく叱りつけます。

 次に並んでいたのは、得体の知れない人型の生物。異界からまぎれこんだような、妖気を放っています。しかし、ゴリ先は気付かぬ様子で「制服はどうした!」とバケモノを問い詰めるのでした。いや、先生……。


学園パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師

学園パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師

 「そいつ、本当に人間?」と言いかけるも、ゴリ先は、口を開けた異形の者に頭から「バクっ」と喰われてしまいます。「イヤな奴ほど、冒頭で死んでしまう」という学園パニックものの鉄則でしょう。


学園パニックもので真っ先に死ぬタイプの体育教師

 ところが、ゴリ先は噛みついた巨大な口を内側からこじ開けると、バケモノの口に「舌ピアス」を発見。「学校なめとんのかお前!!」と、何事もなかったかのように、バケモノを叱りつけるのでした。「あるある」を知らない体育教師だったから、助かった?

 この予想の斜め上をいく展開に、読者からは「この教師は本当に人間か?」「フラグクラッシャー感ある」といった声があがる一方で、「校則には厳しいけど、生徒のために動いてくれそうな先生感ある」と、体育教師ゴリ先に頼もしさを見出だす人も。



 「いいね1万超えで続きを描こうと思っていた」という作者の酒井さんは、本作が好評を博したのを受け、作品をシリーズ化しています。

 続く2作目の「デスゲームもので真っ先に死ぬタイプの体育教師」では、授業中、教卓の上に突如、しゃべる人形が登場。いきなりクラスを巻き込んだ死のゲームを開始します。「学校は遊び場じゃない」と声を荒げたゴリ先は、いの一番にどタマを吹っ飛ばされるのですが、「ありがち」じゃない展開に。


デスゲームもので真っ先に死ぬタイプの体育教師 授業中、唐突に始まる恐怖のゲーム

 さらに第3作「バトル漫画の中盤辺りで出てくる敵キャラに真っ先に殺されるタイプの体育教師」は、特殊な能力を持つ生徒が跋扈(ばっこ)する学園が舞台です。廊下で体育教師ゴリ先とぶつかった女子生徒が「ジガバネ」と名付けられた魔物を召喚。ゴリ先を丸ごと飲み込ませて、あっけなく終了……と、思いきや……。


バトル漫画の中盤辺りで出てくる敵キャラに真っ先に殺されるタイプの体育教師 この流れ……もしや、能力者!?

 また、2、3作目には「おまけ」の漫画があり、物語の裏側をちらっとのぞき見したような気持ちになれます。

 作者の酒井さんは、このシリーズのほか、1960年代の仙台を舞台にした作品「1967仙台娘」などをTwitterで発表しています。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声