アフターコロナで伸びる市場、沈む市場〜森永卓郎が予想

Go Toキャンペーンの効果は出る?

» 2020年07月19日 11時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

「垣花正 あなたとハッピー!」(7月15日放送)に経済アナリストの森永卓郎が出演。今後、アフターコロナのなかで伸びる市場と沈む市場について持論を展開した。

垣花正 あなたとハッピー! ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

コロナ禍の後、生き残る市場はどこか

新型コロナの影響によって、人々のライフスタイルが大きく変化して来ています。その変化に対応できる市場が今後、アフターコロナの社会において伸びて行くことが可能であり、逆に、対応できない産業、企業は沈んで行くのです。

垣花正 あなたとハッピー! 【新型コロナ 川越】蔵造りの街並みが残る観光地の埼玉・川越では、臨時休業している店舗が目立ち、人通りが少なかった=2020年5月2日午後、埼玉県川越市 写真提供:産経新聞社

観光業は国内の需要を戻す〜ローカルに行くのが生き残りの道

Go Toキャンペーンが話題になっていますが、いま観光業ではインバウンドの旅行者はゼロです。しかし、これまでもインバウンドの需要は全体の2割で、8割は国内の人なのです。国内のお客さんもコロナで落ちていますが、これを戻せばいいのです。インバウンドへの期待は当分、戻らないと思った方がいいでしょう。東京オリンピックが来年(2021年)の7月に行われる予定になっていますが、これはかなり厳しいのではないでしょうか。

垣花正 あなたとハッピー! ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

やはり日本人は温泉が好き〜その土地ならではの体験をする旅

いま、国民の間で私が聞く限り「温泉に行きたい」という人はたくさんいます。誰もがコロナ疲れを温泉に浸かって癒したい。やはり日本人は温泉が好きなのです。また、温泉だけでなく、各地にはいろいろな観光資源があります。農家に行って農業体験をする、伝統工芸の作業場に行って工芸品をつくるなど、日常から離れて体験することは魅力的です。旅をすることによって、その土地ならではの体験を楽しめます。私は群馬に行ってこんにゃく芋を収穫し、ミキサーにかけてこんにゃくをつくるということをしましたが、楽しいですよ。観光業は今後、グローバルではなく、ローカルに行くことが生き残りの道です。私は十分に可能性があると思います。

垣花正 あなたとハッピー! ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

売り上げを伸ばすリモートワークを支援するITビジネス

コロナの影響で家にいることにより、GAFA、そしてマイクロソフトは売り上げを伸ばしています。その他、日本国内の企業でも、リモートワークを支援するITビジネスは売り上げが伸びています。オーダーメイドで会社のシステムをリモート対応できる環境にサポートする会社もたくさん出て来ています。

垣花正 あなたとハッピー! 宅配を行うウーバーイーツ=東京都台東区 撮影日:2020年04月04日午後 写真提供:産経新聞社

レストランの食事を出前で取ることが当たり前に

IT系だけではなく、Uber Eatsや出前館なども売り上げを伸ばしています。これまでは、出前を取るというとお蕎麦屋さんやピザ屋さんなど、限られたお店だけでしたが、Uber Eatsや出前館の登場によって、いままでできなかったレストランなどの食事を出前で取ることが当たり前になりました。

垣花正 あなたとハッピー! 病棟で治療を受けるスペインかぜに罹患したフォート・ ライリー(英語版)陸軍基地(カンザス州)の兵士(スペインかぜ-Wikipediaより)

100年前のスペイン風邪大流行の後と同じことが起こる

いま起こっているのは、100年前と同じことです。100年前にスペイン風邪が大流行しました。統計が正確ではないのですが、そのときも日本人は感染率も死者数も低く、世界の5分の1ぐらいだったと思います。そこで第一次世界大戦が終わって、大不況が起こりました。戦争特需で湧いていた日本経済が急速に落ちたのです。そのときに財閥系の強いところはどんどん強くなって行き、いまのGAFAのようなことが起きました。新しいライフスタイルに対応した企業が伸びて行ったのです。同じことがいま起ころうとしています。

垣花正 あなたとハッピー! ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」

コロナの影響でなくなった老人の社交場としての病院

一方、アフターコロナでいちばん危ないのは医療機関です。新型コロナウイルスの影響で、医療関係者は大変な目にあっているのですが、一般患者が減って収益も下がっています。コロナが怖くてみんな病院に行かなくなったのです。これまでは、コントでよく、病院の待合室で「〇〇さん、きょうは具合が悪いから来ないんだって」という情景がありましたが、そういう老人たちの社交場としての病院は、このままなくなる可能性が大きい。かかりつけ医という言葉があるように、みんなの健康を日々変化がないか診てくれるお医者さんがいるのですが、コロナでそんなお医者さんにも行かなくなってしまいました。 radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」