ニュース
» 2020年07月20日 20時00分 公開

ユキヒョウ「飼育員さん、ばいばーい(尻尾フリフリ)」 尻尾でごあいさつを返すユキヒョウがかわいい

ユキヒョウの尻尾、ふわっふわ!

[錆,ねとらぼ]

 ユキヒョウが、飼育員さんの「バイバイ」にこたえるように、長い尻尾をかわいらしくふりふりしています。ユキヒョウの尻尾ってこんなに長いんですね……!


soranitsukiさん 尻尾がながーい

 室内でトレーニング中なのは、円山動物園(北海道札幌市)の10歳のユキヒョウ「シジム」ちゃん。ご褒美にお肉をもらった後、飼育員さんはトレーニング終了の合図で「ばいばい」と手を振ります。ごあいさつを返すように、シジムちゃんは尻尾の先を持ち上げてふりふりと左右に動かしていきます。尻尾の真っ白な裏側を見せながら器用に尻尾を振るシジムちゃん、あまりにもかわいい……!


soranitsukiさん ハズバンダリートレーニング中のユキヒョウ「シジム」ちゃん

soranitsukiさん ご褒美のお肉をもぐもぐ

 Twitterのリプライ欄では「めちゃくちゃ尻尾長い」「フワフワですね」と絶賛する声が寄せられています。アジアの寒冷地に住むユキヒョウは、ネコ科の中でも体の長さに対して尻尾が長く、寒いときはこの長い尻尾で暖を取っているんだそうです。


soranitsukiさん 尻尾の先を持ち上げて

soranitsukiさん 左右に細かくふりふり


soranitsukiさん 飼育員さん、ばいばーい


soranitsukiさん 尻尾でごあいさつ

 シジムちゃんが飼育員さんとしていたのは「ハズバンダリートレーニング(受診動作訓練)」と呼ばれているもの。健康管理を目的に、ご褒美をあげながら特定の動作や姿勢を取れるように訓練するもので、シジムちゃんはトレーニングの終了時、尻尾をふりふりすることがあるそうです。動物園で行われた体重測定では、誘導に従ってユキヒョウが自主的に体重計へと乗っており、トレーニングの成果が見られます。

※尻尾ふりふりはシジムちゃん次第であり、毎回見られるわけではありません

 投稿主であるsoranitsuki(@soranitsukibear)さんのTwitterには、動物園で暮らすいきいきとした動物たちの表情が投稿されています。円山動物園のユキヒョウはシジムちゃんの他、「アクバル」くんと「コハク」くんが生活中。絶滅危惧種を表すIUCNレッドリストで、ユキヒョウは「VU(危急)」に認定されています。ハズバンダリートレーニングを経て、ぜひ3頭とも健康を維持してもらいたいです。









Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.