ニュース
» 2020年07月24日 18時30分 公開

ムーミンバレーパークの“傘がいっぱい”夏イベントレポート! 主役は「ニョロニョロ」

新型コロナ対策も。

[こだゆ・パスカリーヌ,ねとらぼ]

 埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパークでは、8月30日まで、「涼」を感じられる夏のイベント「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」を開催しています。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策も施されたムーミンバレーパークでの、この夏おすすめの楽しみ方をご紹介します。

ニョロニョロ 「涼」を感じられる夏のイベント「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」

雷雨が大好きな「ニョロニョロ」にちなんだイベントを開催

 ムーミンバレーパークのこの夏の主役は、ムーミン谷に生息する不思議な生き物「ニョロニョロ」です。「きっと目もよく見えていないし、話すこともできないのだろう」とムーミンたちから考えられているニョロニョロ。夏至生まれの彼らは、雨が降って嵐が起き、雷が落ちて電気を浴びる時に唯一、生を感じます。そんな「ニョロニョロ」にちなみ、雨や雷をモチーフにした、夏らしいプログラムやフードが登場します。

全長約300メートル、2000本の傘がお出迎え

 パークに訪れると、はじめに目を引くのが頭上いっぱいに広がる傘(カサ)のデコレーションです。この傘の回廊は、marimekkoなど世界的なブランドでデザインを手がける、鈴木マサル氏がアートディレクターを担当。全長300メートルにおよぶアンブレラスカイは、日本最大級なのだそう。

ニョロニョロ 取材時はあいにくの雨模様だが、晴れればカラフルな光が降り注ぎそう。撮影した写真は、パーク主催の「Instagramアンブレラフォトコンテスト」に応募したい

 無料で楽しめるパークの玄関口「メッツァビレッジ」にはまず、ブルーを基調とした寒色系のアンブレラスカイがお出迎え。ムーミンバレーパークに入園すると、今度は、赤やオレンジを基調とした暖色カラーの回廊が広がります。陽だまりをイメージした傘の合間には、ムーミン谷の仲間たちも!

ニョロニョロ ムーミンやスナフキンなど、パークで会える定番キャラだけでなく、ミムラねえさんやフィリフヨンカといった原作小説の仲間たちも頭上からお出迎え

 道なりに進むと、頭上の傘は雨雲のような、白と黒のモノトーンカラーに変わっていきます。ニョロニョロたちが主役のゾーンです。

ニョロニョロ 奇数での行動を好むニョロニョロたち。傘の合間には45体のニョロニョロがおり、ここでもしっかり奇数になっているのがポイント
「メッツァ アンブレラスカイプロジェクト2020」紹介動画

雷の演出とともにミストを噴射!

 モノトーンの傘で飾られたニョロニョロのゾーンが、この夏のプログラム「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」の会場です。ここでは、ニョロニョロが大好きな「雷」の音や光の演出と共に、上空から涼やかなミストが噴射されます。

ニョロニョロ 「ゴロゴロ…」と雷の音を鳴らしながら、ミストは1時間に4回、噴射される。1回の公演時間は約5分間

 担当者さんによれば、「納涼を目的としたミストの演出は他のテーマパークでも頻繁に行われているが、アトラクション的にミストを利用するのは珍しい。演出に上乗せされた、キャラクターの物語を感じてほしい」とのこと。

 確かに、木々が生い茂るムーミンバレーパークでは、ミストの演出がまるで本物の霧のように感じられます。魅力的なのは、霧が広がると、先行く人々が黒い影になって近づいてきたり、消えていく点。原作小説の中ではムーミンたちも、ムーミン谷を冒険しながら、様々な未知の生物に出会います。霧に囲まれ先がよく見えないからこそ、冒険のワクワク感が高まります!

ニョロニョロ 「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」会場付近には、子ども向けの噴水スポットも登場。暑い夏の水遊びが楽しそう!

ニョロニョロをテーマにしたグッズやフードも登場

 「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」開催にあたり、傘や電気といった「ニョロニョロ」にちなんだグッズ・フードも多数、展開されます。

ニョロニョロ 期間限定の「アンブレラスカイ パンケーキ」。カラフルなマシュマロで、アンブレラスカイを真上から眺めているイメージを表現(1760円、税込、以下同)
ニョロニョロ 「ミステリアスなホワイトカレー」。ホワイトアスパラガスでニョロニョロをイメージ(1430円)
ニョロニョロ 充電器。かわいいだけでなく、電気とゆかりのあるニョロニョロにコンセプトもぴったり(3080円)

突然の雷雨や熱中症対策には、”映える”展示施設「コケムス」へ

 ニョロニョロは雷雨がうれしいキャラクターですが、人間の私たちはゲリラ豪雨や熱中症対策も万全にしたいところ。そんな時におすすめなのが、ムーミンバレーパークの屋内型施設「コケムス」です。

 「コケムス」はフィンランド語で「体験」という意味。1階はショップとレストランになっており、2階と3階はムーミンの物語や、ムーミンシリーズの作家トーベ・ヤンソンの人生を追体験できる美術館形式の展示施設です。

ニョロニョロ パークのシンボル「ムーミン屋敷」の隣に位置する、展示施設「コケムス」

 展示施設というと、テーマパークを目的に来園している人には一見退屈に感じられるかもしれませんが、侮るなかれ。館内にはムーミンたちのかわいいフォトスポットや、来館者の手足の動きに反応して動く演出の展示が多数用意されています。

ニョロニョロ ムーミンのしかけ絵本「それからどうなるの?」がテーマの展示。絵本の世界が、大きく目の前に広がる
ニョロニョロ 画面に向かって手を振ると、ニョロニョロが現れる体験型の展示

 パーク来園者のSNS投稿を見ると、どうしてもパークのシンボルである「ムーミン屋敷」ばかりに注目が行きがち。ですが、パークの担当者さんとしては、この「コケムス」こそ、園内で一番訪れてほしいスポットだと話します。

 上述したニョロニョロと雷雨の関連性しかり、原作の物語を知っていればいるほど、パークの楽しみ方の幅も広がるもの。ぜひ「コケムス」で、ムーミンの奥深さに触れてみてほしいです。

ムーミンバレーパーク公式による「コケムス」紹介動画

ムーミンバレーパークのコロナ対策

 今年の夏は暑さだけでなく、新型コロナウイルスへの対策が気になる方も多いはず。ムーミンバレーパークでは、入口にサーモカメラを設置。来園者の体温をモニタリングしているほか、レストラン・ショップの出入口を中心に消毒液が設置されていました。

 来園者が多いときには入場制限を行うほか、ショーやアトラクションも1回の利用人数を絞って運営しているとのこと。待機列には、ソーシャルディスタンスを保つため、ムーミンやスニフといったキャラクターの足あとがデザインされた、かわいい案内が足元に設置されています。

ニョロニョロ コロナ前は地面に直接座る形式だったショー鑑賞スポットも、青色の簡易イスが置かれソーシャルディスタンスを確保
ニョロニョロ 間隔を空けて並ぶため設置された、足元の案内板。ムーミン谷の仲間の足あとがかわいい!
ニョロニョロ 触って楽しむ展示は使用中止に。見て楽しむ形式に変更されている

 また、キャラクターが園内を散歩し、遭遇できると一緒に撮影できる、囲みタイプのグリーティングは現在中止されているとのこと。ムーミンといつでも会える写真スタジオ「ムイック フォト」では、希望者が整列して待機しつつ、キャラクターと距離をとりながら一緒に撮影できるようになっているようです。

 のほほんとしたイメージが抱かれがちなムーミンですが、ムーミン谷では日々、天災や事件が起こります。それでも知恵をふり絞り、楽しみながら乗り越えていくのが彼らの魅力。原作の物語をよく知らない人でも、ムーミンバレーパークならプログラムや展示、心に刺さるショーのセリフを通して、彼らの世界観に触れられます。閉塞的な今だからこそ、ムーミンたちから勇気をもらえる体験ができそうです。

「ニョロニョロの雷スプラッシュ!」

開催期間:7月18日〜8月30日

開催時間:10〜17時 ※天候によりミストが出ない日もあり

場所:ムーミンバレーパーク はじまりの入り江エリア

「ムーミンバレーパークInstagramアンブレラフォトコンテスト」

  • 開催期間:6月13日〜8月2日

画像ギャラリー

ニョロニョロ パークの玄関口「メッツァビレッジ」では、木漏れ日のトンネルをイメージした寒色系のアンブレラスカイが楽しめる
ニョロニョロ 2020年3月に開園1周年を迎えたムーミンバレーパーク。エントランスにはアニバーサリー記念モニュメントも
ニョロニョロ 展示施設「コケムス」では、4月〜5月にかけて行われた「ムーミンバレーパーク Instagramフォトコンテスト2020」の優秀作品が展示されている
ニョロニョロ 期間限定の「アンブレラスカイのフルーツポンチ」(660円)
ニョロニョロ 写真左から、ニョロニョロの5本指ソックス(1430円)、ロングバウム(1080円)
ニョロニョロ 「ニョロニョロ」デザインのグラス(990円)
ニョロニョロ 写真上から、クリップ付きぬいぐるみ(1980円)、蓄光マスコット(990円)。マスコットは暗闇で黄緑に光る
ニョロニョロ ワークショップで作れるバッジやミラー(バッジ:500円、ミラー:1000円)。その他、体験施設では、自分でデコレーションできる傘作りのワークショップも開催中
ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ ニョロニョロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.