ニュース
» 2020年07月26日 15時00分 公開

「謎の無線」「知らないおっさん」「死角の老婆」 トラックドライバーたちの「リアル怪談」漫画に背筋がゾッ (1/2)

山中でのホラー体験からあわや大惨事になりかけた話まで、いろんな話が詰まってます。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 毎日長い距離を走るトラックドライバーたちの間で、密かに語られている「怖い話」を紹介する漫画「トラックドライバーの怪談」が、Twitterで話題になっていました。いろんなベクトルの怖さが詰まってて笑え……る……?

photo トラックドライバーの詰め所で語られるエピソードとは?

 作者は漫画家でトラックドライバーのぞうむし(@zoumushi6)さん。とある物流センターの控え室で、ぞうむしさんが同業者たちから聞いたものがベースになっています。

 民家のない県境を走っていたというドライバーが語るのは、走行中に入ってきた無線の声。「すいませんすいません」「痛い痛いって!」「骨がでて熱い!」といった悲痛な声が飛び込んできたと、いわゆる「霊」の存在を感じる怖い話を披露しています。普通に怖いやつだ。

photo 山中で突然聞くこの音声は怖い……!

 別のドライバーが語るのは信号待ちをしている時に起きた恐怖体験。青信号になって発進しようとすると、対向車が何度もクラクションを鳴らしながら、必至の形相で何かを叫んでいたという話です。

 不思議に思ったドライバーが周囲を確認すると……なんと、お婆さんがフロントグリルを手すりにして横断していたそうです。そのまま発進していたら、大惨事不可避だったというリアルに怖い話でした。

photo あわや大惨事になる所でした……

 この他にも「荷台のドアを開けたら知らないおっさんが立っていた」「カーブの先から謎の光」「旧式バイクを新車で買ったという兄ちゃん」といった、冷静になると怖くなる話が続々と語られていきます。

 作者のぞうむし(@zoumushi6)さんは、Webメディア「オモコロ」で連載中。今回紹介したエピソード以外にもたくさんのトラックドライバーの怪談話を描いているほか、トラックの仕事についての解説記事などを執筆しています。

画像提供:ぞうむし(@zoumushi6)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.