ニュース
» 2020年07月29日 17時55分 公開

「もうこれなしでは生きていけません」 元あいのり桃、プチ整形から約3年でまぶたの寿命を感じる (1/2)

2017年8月に二重まぶたにするプチ整形をしていた桃さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 恋愛バラエティー番組「あいのり」(フジテレビ系)に出演していたブロガーの桃さんが7月29日にブログを更新。二重まぶたにするプチ整形手術をしてから約3年経過したことを報告しています。

あいのり 桃 整形 整形から3年後の目元(現在)(画像は桃オフィシャルブログから)

 2017年8月に、かねてコンプレックスだった一重まぶたを埋没法によって二重まぶたにするプチ整形手術を受けていた桃さん。あれから約3年がたち、「だめだ、、、埋没が、本当にそろそろ寿命を迎えてる」とまぶたに異変を感じている様子をつづっています。続けて「もう、完全にこれは糸がなくなってて、自力で保ってる感じの二重だ!!!笑」「アイプチでいうと、ノリを落とした直後みたいな」とまぶたが元の状態に戻りつつある状況を説明。特に左目が限界を迎えているとのことでした。

あいのり 桃 整形 ビフォー(施術当時)(画像は桃オフィシャルブログから)

あいのり 桃 整形 アフター(施術当時)(画像は桃オフィシャルブログから)

あいのり 桃 整形 アフター両目(施術当時)(画像は桃オフィシャルブログから)

 桃さんは整形手術を振り返り「でも、埋没手術してから3年。本当にお世話になりました」と感謝を示し、「あの時しておいて本当に良かった。ナチュラルに仕上げてもらって感謝でした」と整形の効果に満足していたことを明かしています。一方で「埋没の糸の取れる期間は個人差めちゃくちゃあると思う」と私見を展開した上で「私はちょっと頑固な瞼だったのかも。笑」と感想を伝えました。

 さらに、桃さんは「埋没ありの生活の楽さを知ってしまったので、もうこれなしでは生きていけません。(まんまと)」と整形後の心境変化を語り、「というわけで、早くやり直さなきゃ」と再び整形手術への意欲をのぞかせていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露