ニュース
» 2020年07月29日 17時55分 公開

「もうこれなしでは生きていけません」 元あいのり桃、プチ整形から約3年でまぶたの寿命を感じる (1/2)

2017年8月に二重まぶたにするプチ整形をしていた桃さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 恋愛バラエティー番組「あいのり」(フジテレビ系)に出演していたブロガーの桃さんが7月29日にブログを更新。二重まぶたにするプチ整形手術をしてから約3年経過したことを報告しています。

あいのり 桃 整形 整形から3年後の目元(現在)(画像は桃オフィシャルブログから)

 2017年8月に、かねてコンプレックスだった一重まぶたを埋没法によって二重まぶたにするプチ整形手術を受けていた桃さん。あれから約3年がたち、「だめだ、、、埋没が、本当にそろそろ寿命を迎えてる」とまぶたに異変を感じている様子をつづっています。続けて「もう、完全にこれは糸がなくなってて、自力で保ってる感じの二重だ!!!笑」「アイプチでいうと、ノリを落とした直後みたいな」とまぶたが元の状態に戻りつつある状況を説明。特に左目が限界を迎えているとのことでした。

あいのり 桃 整形 ビフォー(施術当時)(画像は桃オフィシャルブログから)

あいのり 桃 整形 アフター(施術当時)(画像は桃オフィシャルブログから)

あいのり 桃 整形 アフター両目(施術当時)(画像は桃オフィシャルブログから)

 桃さんは整形手術を振り返り「でも、埋没手術してから3年。本当にお世話になりました」と感謝を示し、「あの時しておいて本当に良かった。ナチュラルに仕上げてもらって感謝でした」と整形の効果に満足していたことを明かしています。一方で「埋没の糸の取れる期間は個人差めちゃくちゃあると思う」と私見を展開した上で「私はちょっと頑固な瞼だったのかも。笑」と感想を伝えました。

 さらに、桃さんは「埋没ありの生活の楽さを知ってしまったので、もうこれなしでは生きていけません。(まんまと)」と整形後の心境変化を語り、「というわけで、早くやり直さなきゃ」と再び整形手術への意欲をのぞかせていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる