ニュース
» 2020年07月31日 18時00分 公開

最高時速600キロ以上 世界最速を目指した伝説のマシン「ストリームライナー」がオークションに出品 (1/2)

落札額は17万5000ドル(約1838万円)となりました。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 最高時速400マイル(時速約643キロ)を記録したモンスターマシンが、オークションサイト「Bring a Trailer」に出品され、17万5000ドル(約1838万円)で落札が決まりました。

photo 最高時速600キロ以上の「ストリームライナー」(画像はオークションサイトBring a Trailerから、以下同)

 このロケットのような形状をしたストリームライナーと呼ばれる特殊なクルマは、2010年に米ユタ州にある塩湖の跡地ボンネビル・ソルトフラッツ」で行われた地上最速を目指すモーターレースに出場したことで、大きな注目を集めました。

 その時の計測結果はなんと時速408マイル(約656キロ)。驚異的な記録を残しました。

photo 「ボンネビル・ソルトフラッツ」に出場した際のストリームライナー
photo 後部には戦闘機のようなマフラーが

 このストリームライナーは1995年に原型が作られており、製造時はF-101という戦闘機のドロップタンクを元にデザインされました。その後、2006年に所有者が変わって、現在の姿で再構成されました。

 動力にはキャデラックで使われていたV8エンジンとターボチャージャーを搭載。ボディーは全長39フィート(約11.8メートル)、直径29インチ(約0.73メートル)の形状になっています。

photo ストリームライナーの運転席
photo 当時の様子を思わせる表示も残っています
photo 後方から見たストリームライナー


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.