ニュース
» 2020年08月04日 16時00分 公開

旅客機のジェットエンジンを魔改造したキャンピングトレーラーがステキすぎる キッチンやソファベッドで夢のような快適空間に

特徴的過ぎる外観の割に、内装はなかなかオシャレです。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 スクラップになった航空機のジェットエンジンを、キャンピングトレーラーに魔改造した人が、海外で注目を集めています。

photo 航空機のエンジンがキャンピングトレーラーに!(画像はFacebookから)

 キャンピングトレーラーになったエンジンは、英国の重工業メーカー「ビッカース」が作っていた旅客機「VC10」に搭載されていたものです。英航空会社だけでなく、ガーナ航空やナイジェリア航空のほか、英国空軍では輸送機としても採用された航空機です。

 そのジェットエンジンを魔改造して、キャンピングトレーラーに仕上げたのは、スティーブ・ジョーンズさん。かつてVC10の整備を担当していたそうです。

photo トレーラーの内装(画像はFacebookから)

 エンジンはけん引できる台車の上に置かれています。エンジン前方はガラス張りになっており、室内にはミニキッチン、ラック、ベッドソファ、テーブルなどが置かれています。

 壁面は落ち着いたグレーの壁紙が貼られており、コンパクトながらもゆったりとリラックスできそうな部屋になっています。

photo ソファはベッドにもできます(画像はFacebookから)
photo キッチン回りもオシャレです(画像はFacebookから)

 制作には1000時間以上かけて取り組んだと語ったジョーンズさんは現在、ボーイング737を家に改装する計画を立てているそうです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10