ニュース
» 2020年08月05日 11時23分 公開

「歌ったり踊ったりしているときの彼とは違う」 稲垣吾郎&香取慎吾が7年ぶりに“芝居”で共演 三谷幸喜監督ドラマ「誰かが、見ている」に登場

しんごろでドラマだと!!

[百合野綾,ねとらぼ]

 三谷幸喜監督が脚本/演出を務め、9月18日から配信されるAmazon Original ドラマシリーズ「誰かが、見ている」に稲垣吾郎さんの出演が決定。主演の香取慎吾さんとは7年ぶりの共演となります。

稲垣吾郎 香取慎吾 誰かが見ている 7年ぶり共演となった稲垣さんと香取さん

 同作は予想もしない失敗を繰り返す、主人公の舎人真一(香取さん)と、書斎の壁に偶然発見した“穴”から真一の生活をのぞき見するのをひそかな楽しみとしている隣人の粕谷次郎(佐藤二朗さん)を中心に巻き起こるドタバタコメディー。

 稲垣さんは、日本を代表する大物演歌歌手のレッツ大納言として登場。新たに公開された場面カットでは、レッツが舎人の大ファンとなり、本人に会いたい一心で訪ねてくるシーン。本人は全く望んでいないのにもかかわらず、予想できない事態に陥っていく舎人の毎日にレッツが絡むことで、物語は大きなうねりとなって進んでいきます。

稲垣吾郎 演歌歌手のレッツ大納言を演じる稲垣さん

 稲垣さんと香取さんの共演は、2013年に放送されたフジテレビ開局55周年特別番組「SMAP GO! GO!」内で行われた三谷監督脚本・演出「『古畑 VS SMAP』その後…」以来、7年ぶり。なお、稲垣さんが三谷監督演出/脚本作品に出演するのもこれ以来です。

 お互いの“役者”としての印象について、香取さんは「吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でしたね」と新たな刺激を受けた様子。一方、稲垣さんも「いつも隣にいて、歌ったり踊ったりしているときの彼とは違うので、面白かったし、嬉しかったです」と喜びを語っています。

 そんな久々の2人の共演を間近で見ていた、共演者の佐藤二朗さんは「おそらく外からでは想像もつかないような強い絆や、ご両人だけの長い歴史があると思います。『ああ、二人の掛け合いがこんな近くで見られるなんてラッキーだな』と感じていました」と感慨深げに振り返っていたようです。

 香取さんと稲垣さんの7年ぶりの共演に、ネット上では「しんごろを同じドラマで見れるとは!」「うわぁしんごろ共演! おめでとう」「スマスマのコント思い出す」「どんな演歌歌手か楽しみ」などの反響が多数寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.