ニュース
» 2020年08月27日 17時00分 公開

ついにキター!! ホンダの新型EV「Honda e」10月30日に発売決定 価格は451万円から (1/3)

8月末から一足先にカーシェア車両も配備〜。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は、新型EV(電気自動車)「Honda e」を2020年10月30日に発売すると発表しました。価格は451万円(税込、以下同)からです。

ホンダ EV Honda e Honda e(写真:本田技研工業、以下同)
ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e ホンダ EV Honda e

 Honda eは、ホンダ初の量産フルEVとして発売する新型車(関連記事)。「フィットEV」などの自治体・企業向けリース車となるEVはこれまでにもありましたが、いよいよ誰でも購入できる待望の市販EVを投入します。

 テーマは「都市型コミューター」。丸目で小型の愛らしいデザイン、そして駆動方式には「RR」(リアモーター/後輪駆動)を採用します。モーターをリアに置くことで、キビキビ走るEVの特性をより高めるともに、前輪を大きく切れるスペースも確保。最小回転半径4.3メートル、片側1車線の道路でもUターンできるという小回りの効くクルマに仕上げました。

 このほか、アクセルペダルだけで加減速できる「シングルペダルコントロール」や自動駐車システム「Honda パーキングパイロット」など、街中での普段使いにうれしい機能がそろいます。

 国内モデルのグレードは2種類。標準グレードの「Honda e」は451万円から、上位グレードの「Honda e Advance」は495万円から。WTLCモード時航続距離はHonda eが283キロ、Honda e Advanceが259キロです。

 上位のAdvanceグレードは、自動駐車機能「Honda パーキングパイロット」、AC100V電源出力、中央のリアビューミラーもデジタル化する「センターカメラミラーシステム」、専用17インチアルミホイールとプレミアムサウンドシステムなどを標準で備えます。

ホンダ EV Honda e ワイドビジョンインストルメントパネル
ホンダ EV Honda e グレード別価格と航続距離

 内装の特徴は、5つの画面を水平に並べた「ワイドビジョンインストルメントパネル」の先進的な様子に目が行きます。ダッシュボード全体が画面になっていて、スピードメーターやナビ画面などさまざまな情報を表示できます。左右の画面2つはデジタルドアミラー。車外(ドアの横)に設置されたカメラからの映像が映し出されます。

 最新のコネクテッド機能も充実し、音声で操作できるAIアシスタント機能「Hondaパーソナルアシスタント」を搭載。Honda CONNECT搭載車向けに提供する有料通信機能「Honda Total Care プレミアム」(月額550円から)に、Honda eのための追加機能を用意します。スマートフォンをクルマの鍵代わりにできる「Honda デジタルキー」、旅行やテレワークで活躍する「車内Wi-Fi」などが利用できます。

ホンダ EV Honda e グレードは「Honda e」「Honda e Advance」の2種類

試乗体験イベント、新たな生活スタイル/新たな観光シーンに向けて「実際に貸し出す」取り組みも

 発売に先立ち、Honda eのある暮らしを体験できる試みとして「“with” Project Honda e」も実施します。

ホンダ EV Honda e V2H(Vehicle to Home)に対応し、災害時などはクルマから家に電力を供給できる

 2020年8月28日〜8月30日の3日間、東京・青山本社の展示スペース「Hondaウェルカムプラザ青山」で、防災をテーマにした「Honda eのある暮らし」を展示。走行用バッテリーを非常用電源としても活用できるEVならではの使い方を紹介します。同年8月29日〜9月13日まで、代官山T-SITE GARDEN GALLERYでHonda eの試乗体験イベントも行います。

 2020年11月頃から、神奈川県鎌倉市と共同で移住検討者に住居とHonda eを貸し出して、通信環境も電源も完備された最新EVを使った新しい働き方・生活スタイル──を提供する取り組みを計画。石川県金沢市と共同で、地域住民にHonda eを貸し出して都市型コミューターを活用したマイクロツーリズム(地域内観光)を提案する、といったEVを軸にした新たな取り組みも推進します。

 また、ホンダのカーシェアサービス「EveryGo(関連記事)にも2020年8月末から、東京(6カ所)、神奈川(1カ所)、大阪(2カ所)、福岡(1カ所)のステーションを皮切りに「一足先」に配備します。料金は15分200円から。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10