ニュース
» 2020年07月15日 20時00分 公開

SUVスタイル+航続距離610キロのツインモーター四駆! 日産本気の新型EV「アリア」、気になるスペックは? (1/2)

「日産」のブランドロゴも一緒に変更です。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 日産自動車は7月15日、新型EV(100%電気自動車)「アリア」を発表しました。日本では2021年中頃に発売予定、価格は約500万円からとなる見込みです。

アリア 日産 EV 新型EV「アリア」(写真:日産自動車、以下同)

 アリアは、同社初の100%EV「リーフ」に続く、クロスオーバーSUVスタイルの新型EVです。

 東京モーターショー2019で披露したコンセプトモデル(関連記事)とほぼ変わらないスタイルで、伸びやかなフォルム、作り込まれたヘッドライトの造形から、ツインモーター四駆システムによるハイクラスな走行性能、高度運転支援機能「プロパイロット 2.0」、性能アップデートなども見込むコネクテッド機能といった先進機能を備えて登場します。

アリア 日産 EV コンセプトカーとして披露した「ほぼそのまま」のスタイルで市販化

航続距離最大610キロ、ゼロヒャク5.1秒「スポーツカーに匹敵する加速性能」

 EVとしてのアリアのポイントは「航続距離」と「高度な四駆システム」です。90kWhの大容量バッテリー搭載グレードは航続距離最大610キロ(WTLCモード時)と長距離の移動が可能。リーフの大容量バッテリーモデル「e+」の同458キロ、テスラのEV「モデル3 スタンダードレンジ プラス」(関連記事)も上回ります。

 また「e-4ORCE(イーフォース)」と名付けられた前後2モーターによる四輪駆動システムには、GT-Rなどの4WD高性能車で長年培ってきた電子制御駆動力制御機能「アテーサ E-TS」に由来する技術を注ぎ込みます。

 最高出力は290kW(約394馬力)、最大トルク600Nm(約61.2kgf-m)とする強力なツインモーターで発生した駆動力を適切に配分し、停止から時速100キロまで5.1秒で到達する高級スポーツカー並みの加速性能を実現します。「フェアレディZに匹敵する加速性能を実現する」(日産自動車の内田誠社長)。

アリア 日産 EV 航続距離は最大610キロ。CHAdeMO規格の130kW出力急速充電により、30分で最大375キロ走れる分の充電が可能
アリア 日産 EV 内装も上質で、スマホ連携やコネクテッド機能などの先進機能を盛り込む

 併せて、日産のブランドロゴも刷新。2023年度末までにe-POWER搭載車を含む電動車を年間100万台以上販売する目標に向け、アリアを「EV時代の日産」の幕開けを示す車種に据えます。アリアに続き、今後18カ月間に12車種の新型車を発表する予定としています。

アリア 日産 EV 日産の新しいブランドロゴ
アリア 日産 EV 「新型アリア」の主な仕様とグレード。4WD/2WD、90kWhバッテリー(航続距離約610キロ)/65kWhバッテリー(航続距離約450キロ)の4グレードを設定予定
新型車「日産アリア」車両概要


フォトギャラリー

アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV アリア 日産 EV
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.