ニュース
» 2020年06月08日 19時00分 公開

ひぇぇ、これ306馬力もあんのかよ!! RAV4の最強PHVモデル、写真で見る「RAV4 PHV」 (1/2)

す、スゲー速そう……!!【写真23枚】

[志田原真俊,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は6月8日、プラグインハイブリッドシステムを搭載したRAV4シリーズの最上位モデル「RAV4 PHV」を発売しました。価格は469万円(税込)からです。

トヨタ RAV4 PHV RAV4 PHV(写真:トヨタ自動車、以下同)

 現行RAV4(5代目)は2019年に登場。「SUVらしい力強さと走行性能」を重視し、力強いガッツリ系の王道SUVに生まれ変わりました(関連記事)

 そんな5代目RAV4の上級モデルとしてラインアップに加わるのが「RAV4 PHV」(海外名:RAV4 Prime)です。

 トヨタとしては「プリウスPHV」に続く2車種目のプラグインハイブリッド車。自宅や急速充電施設でバッテリーを充電でき、バッテリーだけでも最大95キロ走れるEV走行モードを備えます。ハイブリッド燃費はリッター22.2キロ、ガソリンタンク容量55Lを確保し、1回満タンにすれば航続距離1300キロに達するとしています。

システム全体で306馬力、ゼロヒャク6秒……!

 また、単に「環境に良い」「低燃費」だけを訴求するエコカーでもありません。SUVの力強さや利便性、走りの楽しさに磨きをかけるための「スポーティー」なプラグインハイブリッド(PHV)システムを新たに開発し、搭載しました。

トヨタ RAV4 PHV 5代目RAV4をベースに、スポーティーなプラグインハイブリッドシステムを搭載

 新たなPHVシステム「THS II Plug-in」は、2.5リッターエンジンと電動モーターを組み合わせた構成で、システム全体で最大306馬力を発生。静止状態から時速100キロまで6秒で達する、スポーツカー顔負けの加速性能を実現します。

トヨタ RAV4 PHV 内装も黒を基調としたスポーティーなものに。大きな荷物を積み込めるシートアレンジも自在で、コンセントも標準装備します

 内外装も、エコカーとしてではなくRAV4シリーズの最上位モデルとしてスポーティーさを強調したデザインとしています。鮮やかな赤色の「エモーショナルレッドII」はPHV専用色です。

 2列5人乗りでそこそこ容量の多いラゲッジスペースを確保したシートレイアウトは通常モデルと同じですが、荷室に用意する「アクセサリーコンセント」に注目です。これによって、PHVならではの大容量バッテリーを活用し、エンジンをかけずに最大1500Wの外部給電が可能。アウトドア用途だけでなく、災害や停電時など万が一時にも役立ちそうです。

フォトギャラリー

トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV トヨタ RAV4 PHV
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.